Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうする?戸建暮らし

アオイのお墓を自宅の庭につくるという選択肢がなくなった今、
果たしてこの4LDKの一戸建てに一人と一パグで暮らし続けるものか、迷っています。
正直に言えば…広すぎて掃除が大変です。といっても使っていない部屋も当然ありますが。
庭も私にとっては広すぎて、大部分は防草シート&砂利敷きです。
庭にドッグランを作りたいとは思っていますが、外構工事の費用の高さに二の足を踏み続けて早4年。
売るべきか貸すべきか、それとも住み続けるべきか。どの選択も決めかねています。




売るメリットは住宅ローンの残債がなくなること。これはかなり大きいです。
逆にデメリットは、次の住み替え先がないこと。
被災地はまだ不動産価格が高止まりしていて、新たな新居を購入するのは難しい時期です。
賃貸はペット可だと件数が少ないのが難点。
ペット可で1LDKで駐車場付きとなると市内では7~8万とか?住宅ローンより高い家賃です。
現在の住宅ローンが6万弱なので、それ以下で収めようとすると1Kですが物が入りきらない…。
家具も家電も大き目に揃えてしまったのが仇となってしまっています(泣)。




貸すメリットは、僅かながらも賃貸収入が入ってくること。
実際の家賃から住宅ローン分を差し引いての収入なので少ないですが、何もないよりは大きいです。
デメリットは売るときと同じで住み替え先の問題もありますが、
一件でも大家業をしなければならないので、リスクや物件管理など一通りの家主としての仕事があること。これはやる気の問題ですね。
やはり住み替え先の問題をクリアしての話になります。




対して住み続けることのメリット。引っ越しをしなくていいこと。
デメリットはなんだか勿体ない様な気がすること(笑)。年末の大掃除は一度もしていないこと。
窓掃除は枚数が多すぎてこれからもやる気が全くしないこと。庭掃除がまあまあ大変なこと。
結局掃除がポイントなんでしょうか。ついでに書くと、床の拭き掃除やワックス掛けもしておらず、仕事を辞めない限りはやらない自信があります。
掃除機掛けと水回りはちゃんとやっています。




現在の自宅で一番いいなと思っているところが、地震に対しての強さです。
まず地盤が固い。震災後調べたところ、我が家周辺は切り土の造成部分でした。
リフォーム直後に震災の揺れを経験したのに、クロスに一部ひびが入っただけで他は無傷でした。
なんと足場もかかっていたのに崩れていなかったので、本当に地盤がいいんだと思います。
なので震災後もそういう意味では安心してあかりにお留守番をしてもらえます。




逆に不安なのが防犯。対策はしてても、高層階のマンションと比べるとやはり劣る部分です。
現在は開口部以外にも、外構周りの整理整頓に気を配っています。
外から見て乱雑に映る家は狙われやすいらしく、逆に花がある家は避けられるのだとか。
花壇の整地や鉢植えなどの対策はまだこれからですが、どんどん出費が増えていくのが頭の痛い問題です。
一戸建ては維持費がかかります。体力と根性も。




引っ越し先がなければ住み続けることになりますが、なんだかそこまで肝がすわらないこの頃。
住み替えるのもダメ、住み続けるものダメではどうしようもないですよね。
でもアオイの納骨を決めたときのように、なにかあれば即行動に移すときもあるかもしれないので、その時までは腰を据えるでもなく住み続けようと思います。
また何年かすれば状況も少しは変わるでしょう。
次回は少し、あかりの近影を載せるべく準備しようと思います。






にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

沿岸部にて

先日、震災後初めて宮城県石巻市に仕事で行ってきました。
同じく仕事で5月末頃に宮城県南部に行って以来の遠方のお仕事。
松島より先に足をのばしたことのない私は、無料化で渋滞のひどい高速を避け、
国道をえっちらおっちら片道1時間半。道に迷いながらも思ったほどの距離感はなく、
意外と近い石巻を後にして夕方帰ってきました。







松島まで行くと、そこには震災の面影を排した「観光地・松島」の姿がありました。
国道沿いの景色だからそう見えたのか、本当に被害が少なかった地域なのか、
言われなければ大震災の被災地とは分からないほどの景色に驚いたことを覚えています。
本当に、場所によって大きな差が生まれた震災だったんだと、改めて感じました。
私が松島の被害の大きさを知らないだけかもしれませんが。







沿岸部については、数ヶ月前から「匂い」についての話題がニュースでも語られています。
がれきの匂い、津波が去った後の匂い、そして排水の匂いです。
宮城県だけではないと思いますが、県内の排水処理施設は沿岸部に集中していて、
全ての施設が地震や津波で壊され、その処理能力は現在まであまり回復していません。
処理しきれない排水がその施設の近隣住民に臭気となって被害をもたらしている、
そして簡易消毒しかされていないたくさんの生活排水がそのまま海に流されているのです。
処理施設の完全復帰には数年かかるとか…。それでも普段の生活排水は以前のまま、です。







地元の新聞でもこの事が取り上げられ、結局私達に出来ることは節水を心がけることに終始します。
でも、本当にそれだけでしょうか。
もっと他にやれることはないんでしょうか。海からの匂いは自然がもたらしたものですが、
生活排水は同じ被災地の住民から出ているのです。
私の周囲には、自分達の出す生活排水によって苦しめられている人々のことを気にする人はいません。
おそらくそのことを知らないか、目の前のことに精一杯なのかもしれません。
私はもっともっと県内に周知させるべきだと思います。一人ひとりに出来ることは小さいけれど、
皆がやれば節水も大きな力になる。節電だってあんなに頑張れたのだから。








私がブログにこの事を書こうと思ったのは、
どうか一人でも沿岸部への排水の影響を知って欲しいと思ったからです。
私は石巻に着いた時、海からの匂いとは異なる空気を確かに感じました。
そしてがれきの山からは蓄熱による自然発火の危険が現在も続いています。
これからの乾燥する季節、自然発火は本当に怖いものだと思います。
自治体による放熱作業がどこまで進んでいるか…。これも大きな壁となっています。
余震も怖い、節電も続く、復興作業には課題が山積み。でもこれが現実です。
私は自分が経験したことや感じたこと、聞こえてくる生の声を大切にしながら復興へ近づいていきたい。
アオイとあかりと、共に。










にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

初イケア♪

ものすごく書きたいことが沢山あるのに、ぜんっぜんブログに書けていません…。
そう、それは我が家が片付いていないから
庭工事の話は別としても、新しい家に馴染む家具や収納を選ぶのって時間がかかりますよね?
特に私は好みが狭いので(シンプルで品があって飽きのこない物が好き)、
一つのアイテムを選ぶのに相当時間がかかるのです。
そんな私に朗報が…!なんとー!近所にあのイケアがオープンするというではありませんか~。
初日は混むと予想して、オープン2日後に早速ショップにIN!







011_convert_20111002230211.jpg
この写真は帰り際に車中からこっそり撮りました。








私は午後2時過ぎに行ったのですが、なんと入口には行列が出来ていました(驚)。
帰りは空いていたけど1フロアのみの店内は相当混んでましたね~。
東北初出店ということで、週末はもっと混み合うんだろうなあ。
ちなみに震災直後は、仙台ではリサイクルショップの家具が飛ぶように売れたそうです。
地震で壊れた家具の買い替えはもちろん、
仙台に移住されてきた被災者の方々の需要が値が張る新品よりもUSEDに集中したそうな。
ニトリも混んでたし、このイケアの出店も被災地特需を狙ったもの。
でも、近所にイケアが来てくれるなんて本当に助かるよ~。ずっとネットで眺めていたからね♪








この日は私も少々疲れていたので(並び疲れも)、買い物は少なめに済ませました。
大量生産の商品がこれでもか!と店内に溢れていたけれど、私的にはアリかな~
シンプルだし気の効いた遊びもあり、なんといっても安い!
そして今回の私の獲得品はコチラ↓








013_convert_20111002230259.jpg
(名前は忘れたけど)シンプルな白のシェルフ~♪







洗面所に置く、小さめで清潔感があって使いやすいランドリーシェルフを探していたのよぉ~(心の叫び)
これを見つけた時、頭に血が上りました(笑)。
しかもお値段がなんとー!3千円しないんですよ?
確かに組み立ては手間でしたが、天板は木製だし上手に組み立てられたので気分かなりよーし!
ああ…。これでやっとお気に入りの洗面所になったわ~。女性にとって水回りって需要ですよね。
仙台イケア、もっと家具の品揃え増えないかなー。
この店舗って以前は本屋さんで、あまり床面積が広くないから無理なのかな。








012_convert_20111002230729.jpg
あたちの事、忘れてない?







あ、ごめんねあかり(←軽い~)。大丈夫だよ~ここからはあかりが主役だからね~。







この日の午前中は、またまたいつものドッグカフェに



008_convert_20111002230637.jpg
またオヤツくれるかなあ~。ドキドキ…。






忙しく動き回る店員さんをキラッキラのまなざしで見つめるあかり…。
でも残念、この日はとても混んでいてスタッフさんからのオヤツはナシ
その代わり、こーんな素敵な出会いが待っていましたよ






009_convert_20111002230448.jpg
フレブルくん、8ヶ月の可愛い男の子です。






オヤツをくれているのは、フレブルくんの飼い主さん。
あかりはオヤツがないと写真撮影に非協力的なので、あかりの分も頂いてしまいました。
飼い主達はお互いに可愛い~を連呼して楽しんでいましたが、
当の2パグはあまり相手に興味を示さず、この写真が一番近づいた2ショット
う~ん、あかりは散歩中に出会うワンコには興味深々なのになあ。相性なのかしら。







010_convert_20111002230544.jpg
あかり、オヤツもらったよ!






本当、良かったね~。あかりはこのお店=オヤツなんだよね、きっと(笑)。
だから興味がそこに集中してるんだね。もうちょっと大きくなったらまた変わるかな?
今度はドッグランも利用してみようかな~。











書きたいことってその日に書かないと薄れてく~。教訓。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

ワクチンの話

9月10日は、休日にワクチン接種をしてきました。
と言ってもあかりのではなく、飼い主自らのワクチン接種です。
ええ~?30最を過ぎてからの成人女性のワクチン~!?
そう、ワクチンは子供だけのものではなく、人間の大人にもちゃんとあるのです。








22_convert_20110912003340.jpg
ふんぞり返ってますが、なにか~?








今回私が受けたのは、子宮頚がんの予防ワクチンでした。
この子宮頚がんのワクチンには2種類が用意されており、
最初に開発された2型と、今秋から日本での接種が可能になった4型があります。
2型より4型の方が予防効果が高く、子宮頚がん以外の感染症なども防ぐことが出来ます。
私は迷わず4型を選択し、かかりつけの婦人科で無事に1回目の接種を済ませてきました。








23_convert_20110912003431.jpg
ファ~ッッ。(大きいあくびですな…。)







このワクチンは合計3回接種しなければならず、その場で次回の2ヶ月後を予約してきました。
ワクチンの費用は1回につき1万6千円。3回の合計で、4万8千円の費用がかかります。
保険が効かず、また病院によって費用も若干変わるので約5万円ですね。
でも私は、この金額が高いとは思いませんでした。
だってパグズは毎年約1万円のワクチンを打つのだから~。子宮頚がんのワクチンは生涯一度のみ。
このワクチンと定期健診で予防できるのなら、お安いものだと割り切って考えています。







どうしていきなりこの話題をブログにUPしたのかと言うと、
子宮頚がんの予防についてあまりにも周知がなされていないなと感じたからです。
20~30代の女性がいま最も罹患しているがん、それが子宮頚がんだと言われています。
2型のワクチンについては、日本でもやっと就学児への無料接種が行われていますが、
成人女性へのワクチン接種補助に関してはスルーです。
つまり、自力でワクチンを接種するか、無料接種になるまで待つかの2択です。







日本はどちらかと言うと保守的なので、皆大っぴらに子宮がんだなんだと騒ぎたがりません。
私はこのワクチンの存在を知ったとき、是非受けたいと思い、すぐに自治体に問合せました。
しかし就学児への無料接種は行われるが、成人に対してはまだなんとも言えない…との事でした。
私は徐々に成人まで無料接種の範囲が広がるのではと期待していたのでがっかりしましたが、
結果、その時に受けていなくて良かったと思います。
当時はまだ2型のワクチンしか存在しておらず、
今年初めて婦人科に問合せたときに偶然4型が発売になったからです。時代の先取りです(笑)。







私は一人であかりを育てていて、私が母であり大黒柱です。
私がもし病気になるとしても、長期入院は仕事面でも生活面でもどうしても避けたい。
それには、予防と早期発見しか道はないと思っています。
私を最も苦しめるのは、あかりと離れて暮らすこと。
被災中、それを嫌というほど経験してしまった私は、今かなり自身の健康に気を遣って過ごしています。
本当はランララン♪で何も考えずにゆるーく暮らしたいのだけれど…。
住まいに関しても安全性・防災対策が常に頭の中にあって、まだまだ途上中なんですね。
神経質になりすぎる私をいつも母は心配してくれますが、性分だから変えられない~。
でもきっと、日々を細やかに考えられることは幸せなことなんです。








15_convert_20110912012443.jpg








あの震災の日からもう半年が過ぎました。一人ひとり違う半年間だったと思います。
いま私は、ライフラインが途絶えていた間のことを、不思議になつかしく思い出します。








給水所まで徒歩であかりを連れて歩いたこと、炊き出しの列、一人と一匹で分けあった食事。
自販機のお茶を買い占めたこと(ごめんなさい!)。コンビニの棚の奥に頭を突っ込んで買ったお水。
マンションの8階までの往復が大変で、両足の爪に出来た血豆。大活躍した軍手とバケツ。
みんながお風呂に入れていなくて、でも全然平気でそれよりも毎日の買出しに必死で。
給水所の水が途切れかけて、もう最後~と言われて、あわててこの犬の飲み水の分だけ!と叫んで
分けてもらった500ミリペットボトル1本分の水道水…。







snap_aoiakari_20113214479.jpg
な、なつかしい~。この集会所が給水所兼避難所でした。







塩おにぎり2個を分けてもらうために並んだ列で一緒になった子達、元気かなあ。
お互い最初で最後の同胞だって分かってたから、別れるのが寂しかった。
実家が沿岸でずっと連絡がつかないからもう諦めてるさ~って言ってた男の子達。
この仙台市内は奇跡的に無事なんだよねって、何度も言い合っては励まし合った女の子。
私のこと、覚えていてくれてるかな。私はずっと忘れないよ。名前は伝え合わなかったけれど。
いまも、仙台で元気に暮らせています。








と、言う訳でみんなみんな自分の身体をもっと大切にしよう!愛犬にとっては貴方が唯一だから。
あかりに辛い経験をさせてしまった私だからこそ、もう離れ離れにはなりたくない。
そして事情があってペット達と離れて暮らしている飼い主さん達が本当に早く、
一日でも早く一緒に暮らせるように。微力ながら、支援の輪に参加させて頂きます。









あかりは白いトドに似ている…。白いトドっているのでしょうか?(笑)
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

休みたい病?

う~ん、どうにもこうにもやる気が出ない…。
夏休みも少しはとれたし、その間あかりともお出掛けしてるはずなのになあ~。
ブログの更新も含め、なんだか私の中にこれまで感じたことの無い空洞ができている様なんです。









007_convert_20110827013343.jpg
あかりは私のお気に入りのコースターをかじっちゃうし…。








簡単にいえば震災ストレスということなんだろうけど、
やっぱり今の私の状態でストレスなんて贅沢なことは言えないはずと思ってしまうし、
ストレスを感じている自分をストレスに感じてしまうという悪循環なんです。








008_convert_20110827013427.jpg
さっ、フードを一粒あげるから返しなさい~。








あかりも私も一応健康で、仕事も住居もそれなりに整ってはいるはずなのに、
細かい出来事や一つ一つの物事が進まない事が重なると、こうも疲れを感じるものかと。
まあ、年齢的にも疲れが出やすい時期なんですけどねえ…。









009_convert_20110827013509.jpg
ま、迷う…。







職場では一時の震災特需が収まり、あっと言う間に不景気の元の状態に戻りつつあります。
自分の仕事が過密にならないのは正直嬉しいけれど、長期的にみたらきっとヤバイ…。
そんな空気が蔓延しているもの事実です。職種に関係なく倒産する企業も出てきています。








010_convert_20110827013545.jpg
かーっ!!(負けた~!!)







そんな私の空気を察したのか(?)、先日あかりのブリーダーさんからお電話を頂きました。
気になっていたあかりの体調の変化や震災後の私の近況なんかをお話したり、
ブリーダーさんのところに生まれたパピーちゃん達のことを聞いたり…。
震災直後にお話しして以来のお電話だったので、つい長々と話し込んでしまいました。
思えばあの頃は、震災後の興奮や生きることに精一杯だった自分がいたなあ。
新居に落ち着いて、余震も治まってきた今の方が安定しているはずなのに、
逆に沈んでいる自分の内面には呆れるやら手に負えないわでびっくりです。







そしてブリーダーさんとお話できて心に余裕が生まれたのか、
その数日後、私はずっと気になっていたご夫妻の自宅に電話をかけました。
ご夫妻とはそれこそ震災の翌々日くらいにお電話してそれっきり。
ご自宅にいるのか、それとも別の場所に移動しているのかもあやふやだったのもあり、
落ち着いてから電話しようと思っていてこんなにもご無沙汰してしまいました。
あかりの一歳の誕生日の写真もいまだに送っていないまま。
その事も伝えたかったんだよなあと本当に遅い自分に呆れながらの電話です。









結果的に、お二人とも今は自宅に戻って生活をしていらっしゃいました。
互いに近況を伝え合い、私ははからずも今の自分の不甲斐無い状況を吐露してしまいました。
仕方ない、誰だってそうなんだよ、前を向いて生きましょう、
それが生きている私達の精一杯の供養にもなると思う…。
お二人の無事を確かめたかった私からの電話なのに、逆に電話口で励ましてもらう私。
あかりの一歳の写真を送ることを約束して私達は電話を切りました。








この電話の中で、私は我ながら驚いて心から離れない言葉を聞くことになりました。
あかりと一緒に会いに行きたいけれど、諸々の面で今は難しい…。
私がそう言うと、奥様がこう仰ったのです。
「今はね、仕方ない。今は、原発の人達が一所懸命頑張ってくれてるから。頑張って作業してくれているから。」
その言葉を聞いて、ハッとしました。







宮城県は福島・茨城に続いて三番目に放射線量が高い地域です。
私はこれまで、原発に慄くことすれその場所で作業をしている人達のことを具体的に考えたことがありませんでした。
現場で戦っているのは地元の人達なのに…。
しかも私の同郷の、本当に近隣の自治体で起きている事故なのに、
私はなんて他人事のように感じていたんだろう。
すっかり仙台人になりきってしまっていたのかな。
色々な意味で我に返った思いです。









この2本の電話で、私は少し元気を取り戻したような気がします。
仙台中心部で暮らしていると、被災地なのに沿岸部とは別、みたいな雰囲気もあって
どうにも複雑な思いを抱えてしまうんです(私は)。
千年に一度の大災害は人の心までもを大きく動かしてしまう。そしてそれは千差万別。
それぞれがその立場で乗り越えていくしかないんだな。
時間がかかっても、いつか地元に帰れる日がきっと来る。
だって、うつくしま・福島なんだから。












心の夏バテよさようなら~にポチをお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

Appendix

プロフィール

みずほ

Author:みずほ
仙台でパグとの二人暮らし♪

長女:アオイ
(黒パグ♀ 享年3歳3ヶ月)

次女:あかり
(フォーンパグ♀ 4歳)
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。