Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証-あかし-

今日から冬休み♪
クリスマスもずっと仕事で、あかりもどこにも連れて行けなかったので、
先日の中休みの26日、行きつけのドッグカフェに行ってきました。








e3bd4e82f3c47c923e092ac31483a6d6[1]






スタッフさんは毎回1ワンずつ写真を撮ってくれます。
そして写真を撮った後、必ずおやつをくれるので我が家のパグ達はスタッフさんの虜に…(笑)。
でも食い意地がはっていない他のお上品なワンコ達は写真を撮るのが難しそうでした。
もう少し通えば、あかりは自分からお座りして写真を撮られるのを待ってたりして。







002_convert_20101228102217.jpg
通りかかるスタッフさんを凝視するあかり(笑)。お舌が出ていますよ~。










実はこのあと、信じられないサプライズが待っていました。
アオイと通い始めたこのドッグカフェですが、
やはり病院通いの合間だったので足繁く通うことは出来ず、年末にお店に来れたのは今年が初。
どうやら毎年オリジナルのカレンダーを作って常連さん達に配っていたらしいのですが、
この日、私達にもそのカレンダーをくださいました。
そして店長さんが私に渡しながらこう言ったのです。






店:「あおいちゃんも~、載せました~。」


私:「えっ…!えー!(あとは何を言ったか覚えていません)」


店:「ね~、たくさん遊んだしね~記念に~。」


私:「え~え~、すごい~。ありがとうございます~…。」







以前の私だったら、感動のあまりその場で固まっていたでしょう(苦笑)。
でも時間が経って、ある程度アオイの不在を少しずつ周囲にも話していたし、
ある程度感情を表に出さない(出さなくても済む)ようになっていました。
お店にたくさんのお客さんがいたので、喧騒にまぎれてずっとアオイの写真を見つめていました。
アオイは、赤いお洋服を着てこちらを見ていました。






001_convert_20101228102157.jpg
ちゃんと名前も入っています







私はいま、アオイとの楽しかった日々をうまく思い出すことができません。
あまりにも最後が辛すぎて、どうしてもその部分ばかりがフラッシュバックするのです。
写真を見ても、その当時のアオイの動きや声を思い出すことはなく、一つの絵のように感じるだけ。
これからどういう風に時間が経って、私の中のアオイとの思い出がどうなっていくのかは分かりません。
でも私にはアオイが残してくれた数々の奇跡があるから、このままでもいいと思っているし、
実際そうなのかもしれません。
でもこのカレンダーを見た時、確かに幸せだったアオイが実在している。
私とアオイの幸せな日々が、確かな証となって私のもとに戻ってきてくれたと感じました。

 





159_convert_20101228113303.jpg
たくさん遊んだね







私は大事にカレンダーをしまって、注文したランチ(ここのはすごく美味しい)を楽しみました。
家に帰ってからゆっくり見たり、母に報告したりしよう…。
もちろんブログでも報告して、みなさんの感想を聞かせてもらおうと思いました。
すると、隣の席に名古屋から新幹線で仔犬を引き取りに来た女性の一人客が座りました。
このお店は犬舎も兼ねているので、どうやら飼い主さんとしてのリピータのよう。
あかりはその女性が犬好きだと分かったらしく、
勝手に(笑)、膝の上に乗ったりペロペロしたりし始めました。




私は恐縮しましたが、その女性客は嬉しそうにあかりを可愛がってくれたので、
カレンダーの感動の余韻が残っていた私は、最寄りの駅まで車で送る旨を申出ました。
普段ならそこまでお節介を焼かないのですが、新幹線の時間も迫っているようだったし、
タクシーをわざわざ呼ぶほどの距離でもないのが分かっていたからです。
お店側もそれは大変助かります~とおっしゃったので、
会計を済ませて一緒にお店を出ることにしました。







すると店を出る準備をしている私に、店長さんはなんともう一つカレンダーを持ってきて、
お礼にもう一つね~と言って、もう一つカレンダーをくれたのです!
わーい、わーい、これで母へのお土産にこのカレンダーを渡せる~!!
心の中でだけ(笑)狂喜乱舞して、急いでお店を出発しました。
その女性客はなんと名古屋からなのに、春にはワンコの帰省にまた来るので
その時会いましょうと言い、電車に乗って帰っていきました。
まったくの偶然づくしでしたが、すごく心温まる一日でした。








もしアオイがあんなにも人が大好きでなかったら、
店長さんが愛犬を亡くした飼い主の心情を慮ってくれる人でなかったら、
アオイが亡くなった後に、お店のカレンダーに載ることはなかったでしょう。
最初で最後のアオイのカレンダー。しかも私と母のところにひとつずつ。
この一年を締めくくることは私には出来ませんが、最後にアオイに会えて、
なにかほっとしたような、未来につながるものを感じたような気がしました。








それでは最後に、あかりとのツーショット!(?)








みなしゃん、来年もあかりたちをよろしくでしゅ。
snap_aoiakari_201012211251.jpg




ちょっと気の早い、年末の挨拶とさせて頂きます♪

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

みずほ

Author:みずほ
仙台でパグとの二人暮らし♪

長女:アオイ
(黒パグ♀ 享年3歳3ヶ月)

次女:あかり
(フォーンパグ♀ 4歳)
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。