Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoiakari.blog103.fc2.com/tb.php/101-9050c79c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

移りゆく季節、変わっていくこころ。

このブログを始めた当初、私はアオイの生まれ変わりを信じていました。
だから早く、早くアオイを空に還して、また新しい生を受けて、
新しい幸せな生活を…と願いました。
そして一縷の望みをかけて、
万が一生まれた場所で幸せな生活を送れないようだったら、
また私のところに戻ってこれるように、そんな最後の手紙を書きました。
いつの日にかまた、アオイと出会えるかもしれない。
そういうかすかな、ずっと消えない気持ちを持ち続けていました。




そしてあかりと暮らし始めて約4年、いろいろな事がありました。
一人暮らしでフルタイムで働いていると、
どうしても長時間のお留守番に罪悪感を持ちます。
それでも私にはあかりが必要だし、あかりと一緒でないと暮らせない。
でも一番に幸せにしたい相手を必ずしも幸福には導けていない。
そんなジレンマを抱え続けて、今も暮らしています。




私はきっと、再びアオイと巡り合うことができても、
アオイを幸せには出来ないんだろう。
自然と、そう思うようになりました。 
自分をわざと卑下しているのではありません。
例え私が望んだとしても、仮にアオイがそう望んでくれたとしても、
もうそのことに固執したり執着せずに、自然な流れにすべてまかせて、
強く思い過ぎるのはやめた方がいい。その方がきっといい。
だからアオイには、最後のさようならを言いました。
私の中ではずっと消えないけれど、私の中のアオイは空に還りました。
秋の日の空に。




例えばいつか黒パグちゃんと暮らす日がきても、
アオイとそっくりな表情をしたワンコを迎えることがあっても。
私はその子をアオイの生まれ変わりだと思って接するのはやめようと思います。
アオイは唯一だし、
仮にその子がアオイの生まれ変わりだとしても大事に思うのは一緒だから。
私達が再び巡り合ったとしても、そうでないとしても、
それを決めるのはきっと私達ではない。
私にできるのはアオイの魂の幸せを願うことだけ。それだけにします。




あかりは縁あって、我が家にやってきました。
私はアオイがあかりを私のところに導いてきてくれたんだと信じています。心から。
まだブログには書けていませんが、あかりの病気も私に託されました。
これからのことは分からないけれど、ずっと一緒に戦う覚悟は出来ています。
ここでこのブログは再び休止しますが、落ち着いたら戻ってきたいと思っています。


なので、いつの日にかまた。
冬を迎えつつある仙台にて。






にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoiakari.blog103.fc2.com/tb.php/101-9050c79c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

みずほ

Author:みずほ
仙台でパグとの二人暮らし♪

長女:アオイ
(黒パグ♀ 享年3歳3ヶ月)

次女:あかり
(フォーンパグ♀ 4歳)
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。