Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C400]

あかりちゃん、大変だったのねーそろそろ抜糸かな?なんて呑気に思っていたらみずほちゃんも大変だったね。病院って人間でも好きな人ってなかなかいないんだからワンコはもっとストレス溜まるんだろうなぁ。オマケに手術もだもんね。でも段々と善くなっていくから大丈夫!みずほちゃんも不信感持ったままで無く、納得されたことも安心したよ。あかりちゃん、もう怖いことも痛いこともないし、ママがずっとそばにいてくれるんだから大丈夫だよ。お大事にね。
  • 2011-01-18 18:54
  • らいちママ
  • URL
  • 編集

[C401] らいちママさんへ

抜糸にはあと1週間もかかるそうなんですよ~(汗)。
でもそれまでには、あかりの頻尿ももっと良くなって欲しいので待てます(笑)。
あかりにとっては初めての恐怖体験だったんですよね、きっと。
加えて視界を遮るカラーを付けられて、
ストレスがピークになってしまったんじゃないかと今なら思えます。
今回の記事は私の対応が大袈裟過ぎて恥ずかしいと思ったけれど、
その時は私もパニックになっていたし、自戒も込めてUPすることにしました。
私達の経験が、いつか誰かの情報としてお役に立てたらいいなあと思います。

[C402]

みずほさん、お久しぶりです。
久しぶりに覗いてみたら、避妊手術をされていたことと、その後の経過が心配な状況ということにビックリしました。
心因性ということは、初めての手術や慣れないカラーがあかりちゃんにストレスを与えていたのかもしれないですね。良い子のあかりちゃんだから我慢しすぎちゃったかな??
でも、状態も少し良くなってるようですし、信頼のおける病院のようなのできっといい方向に事は進んで行きますよ!
あかりちゃんの状態が良くなるように祈ってますね♪

[C403]

あかりちゃん色々な要因が重なってストレスに
なっていたのかな。尿もキレイで病気でなくて
安心しました。みずほさん色々気付けてよかった
ですね。不安になってしまうのは当然の事である
けれど1つだけを見てしまうと他の事が見えなく
なるものです。みずほさんが気付いた事とても重要
だと思いますよ。病院の対応はこちらで私の知って
いる病院では考えられないくらい。とてもいい先生
たちに巡り合えましたよね。信頼関係が成り立つって
いいなぁと思いました。あかりちゃん少し軽減されて
いるようなので少し安心しました。もう少し時間が
たてば元の状態に戻るような気がします。不安で
しょうがド~ンと構えてくださいね。でも私も同じ
立場になったら毎日不安になってしまうだろうな。
でもファイト!ですよ。
生意気な事書いてごめんなさいね。
  • 2011-01-19 06:50
  • 文陸パマ
  • URL
  • 編集

[C404] あいさんへ

そうなんです~。
手術が急に決まって、無事に帰ってきたと思ったら
こんな事態になっていました(泣)。
今もあかりの頻尿は続いていますが、
おやつなどで気をそらせる作戦をしています(笑)。
おしっこの事を忘れるみたいで、他に気を引くなにかがあれば軽減されるみたいです。
あかりは私には勿体ないくらいおりこうさんな子ですが、
かえってそれが今回みたいにストレスを溜める原因になるのかもしれませんよね。
私も、あかりにとって良い飼い主になれるように頑張ろうと思いました。

[C405] 文陸パマさんへ

生意気だなんてとんでもない~!
私の方こそ、病院に迷惑をかけてしまって猛省しています。
いま考えれば、あかりは私と引き離されて痛い思いもして、
生きた心地がしなかった経験をしたんですよね。
病院では症例のないものだったそうですが、
ネットでは同じ症状の子も見つけることがあったので、
私が反応しすぎてしまった部分もあると思っています。
そう、特に院長先生は心を痛めてあかりを心配してくださって、
他の病院ではなかなかここまで親身になって対応してくれないんじゃないかと思います。
この記事を書くのは自省も込めてですが、
他の飼い主さんやこれから避妊手術を受けるワンコ達の体験談になればいいなあと思いました。
これから色々なことが起こっても、一人で熱くならずに対処できそうです(笑)。
励ましのコメ、ありがとうございます☆

[C406]

あかりちゃん、順調に回復してると思っていたら大変な事に\(◎o◎)/!
みずほさん、心配でたまらなかったでしょうね(´;ェ;`)ウゥ・・・
心因性の尿失禁…
ワンコもホントに人間と一緒ですね。
今回のことはとっても心配なことでまだまだ時間もかかるかもしれないけど、信頼できる病院だということがわかったことはよかったですよね。
こういうことの対応で先生のお人柄や病院の体質がわかりますもの。
こちらの思いに真摯に向き合ってくださり、きちんと話し合いができる先生。
信頼できますね!

1日も早く快方へ向かいますように。
お大事にしてくださいね。
  • 2011-01-19 19:57
  • こふみ
  • URL
  • 編集

[C407] こふみさんへ

あかりの症状は、いまは頻尿程度に落ち着いてきています。
本当に最初はどうなることかと心配しすぎて大変でした。
少しずつ良くなってきてくれて、感謝するとともに自分が恥ずかしくなってきました(照)。
何事も様子をみるということも大事なんですよね…。
すぐに結果を求めたり、答えを性急に出そうとするクセを思い知りました~。
今夜も院長先生は電話をかけてきてくださって、
あかりの様子が心配でしかたないという思いが伝わってきました。
心因性の尿失禁なんて、避妊手術が原因では出ないものなんでしょうね。
一週間後の抜糸の日まで、このまま順調に回復してくれればいいなあと願っています☆

[C408]

お久しぶりです。
あかりちゃん 大変だったのですね。

あかりちゃんはきっとすごく繊細で敏感な子なのでしょうね。
うちのくるみは結構神経質なようで、お出かけ(初めての場所)や旅行のときはパッチフラワーやサプリメントを利用しています。
あかりちゃんが今後ゆっくりと回復されることを、心より祈っています。
  • 2011-01-21 21:09
  • まるこママ
  • URL
  • 編集

[C409] まるこママさんへ

おひさしぶりです!
そうなんです~、あまり表に出さないタイプだとは思っていましたが、
ストレスを内に溜めこんでいたんですね。
良い子にしてるからって、ストレスを感じていない訳ではないんだと
今回飼い主として反省しています。
パッチフラワーというのはレメディの一種なんでしょうか?
お値段が気になりますが(笑)、あかりにも試してみたいですね。
貴重な情報ありがとうございます♪

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoiakari.blog103.fc2.com/tb.php/44-d689f0fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

避妊手術の後遺症

あかりの避妊手術から、6日が経ちました。
手術痕の方はいたって順調で、目やにもすっかり無くなりましたが、
実はこの数日間、何度も病院に通わなければならない事態になっていました。






003_convert_20110118115350.jpg
あかりは、元気です。







病院から帰ってきた当日の様子はこのブログでもお伝えしましたが、
問題はその翌日から始まりました。
あかりは、心因性の尿失禁になってしまったのです。
トイレの場所が分からないのはもちろん、ひっきりなしに排尿をあちこちで繰り返します。
リビングのフローリング、ソファやベッドの上、時々はトイレの場所でもしました。
その間隔が数分おきではなく、十秒くらいの間隔になったので、やむなくサークルの中へ。
ストレスかもしれないと思い、症状が出始めた日は様子をみることにし、
不安なまま次の日の朝を迎えました。







002_convert_20110118114728.jpg
ソファの上でもしちゃったの







その不安は的中、次の日の朝も日中もあかりはひっきりなしに排尿と尿漏れを繰り返しました。
私はまずネットで同じような症状を検索し、何が原因なのか突き止めようと思いました。
するとやはり同じ症状の子がいることが分かりましたが、
数日で治る子もいれば、ホルモンの関係で一生頻尿のままの子もいるという情報もありました。
私は不安にかられ、ネットでの検索を繰り返し、とうとう病院に電話をかけました。






私はまず、手術前に確認はしなかったけれど気になっていた事を院長先生に尋ねました。
私は初診時に、院長先生にずっとあかりを診てもらえるように頼んでありましたが、
当然避妊手術の執刀も院長先生がされるものと思いこんでいて、
それなのに術後の説明が別の先生だったことを不審に思っていたのです。
悪い予感は当たるもので、手術の執刀はもう一人の若い男性の先生が担当でした。
院長先生は麻酔の管理と、全体の総監督を行っているとの事でした。






不安がピークになっていた私は、
何故執刀が別の先生であることを事前に教えてくれなかったのか、
感情的に院長先生にぶつけました。
院長先生はすごく申し訳なかったと謝られ、是非あかりの様子を診せて欲しいと仰いました。
私があかりを病院に連れていくことさえ不安だと話すと(垂れ流しになるのが不安だった)、
院長先生はそれならば私の都合に合わせて自宅にまで伺うとまで言ってくださったので、
仕事が終わり次第なんとかあかりを連れていくようにしますと言って電話を切りました。






避妊手術直後の頻尿の原因には、
手術時に子宮や卵巣を取り出す際に膀胱を傷つけてしまうことで膀胱炎になることもあるそうです。
その場合は、膀胱炎の治療をすれば治りますが、
その他にも子宮や卵巣を急に失ったことでホルモンバランスが崩れて頻尿になるとか。
もちろん、ホルモン反応性尿失禁は手術後数年経ってから症状がでるものなので
あかりには該当しないと分かってはいても、
あかりの症状があまりにもひどかったので、私はすべての可能性を考えて悶々としていました。
心因性の可能性があると分かってはいても、病院側になにかを訴えたい気持ちでいました。





(ここから長くなります)





仕事を終えてから向かった病院では、まず執刀医の先生から手術についての説明がありました。
私がわだかまりを持っていた手術中の様子も、
説明されるほど問題なく終えていることが分かりました。
こちらの病院では、避妊手術後にあかりの様な症状が出たケースはなく、
手術も全く問題なく行っているので、やはり心因性が疑われるとの事でした。
もちろん、血液検査やエコー検査で異常が見つからなかったことも判断の材料になりました。
しかしストレスが原因といってもまだ手術から3日しか経っていないのでカラーを外すことも出来ず、
検査で異常なしとされたあかりは様子見ということで帰るしかありませんでした。
私は不安を消せないまま、自宅へあかりと戻りました。





それでも、院長先生や執刀医の先生と話すことが出来て、
また手術に問題が無かったことを自分自身で確認することができて、
私の心には少しだけ余裕が出来ていました。
院長先生は、執刀医の先生に聞こえないように、ご自分が執刀していないことを
事前に伝えなかったことを私に直接謝ってくださいました。
若く見える執刀医の先生も、10年以上この病院で手術を任されていること、
院長先生が全責任を負って、あかりを健康な状態で返すまでが避妊手術だと
仰ってくださったもの心強く受け止めました。
あかりの症状が良くならなくても、一緒に頑張っていける病院だと思いました。





翌日もあかりの症状は同じでしたが、私は更に色々な情報を集めようと思いました。
じつは、アオイが通っていた病院にも電話で問い合わせもしてみました。
答えてくれたのはアオイの担当医の先生ではありませんでしたが、
やはり検査でなにも異常が見つからなければストレスによるものと考えられ、
その場合は精神安定剤などを処方するとのことでした。
私は落胆しつつも、そうか安定剤やレメディやサプリで対処する方法もあるのだなと思いました。





あかりの症状は、サークル内にいるときや車移動のとき、
病院での診察中では治まる傾向がありました。
夜寝ているときも、ちょっと尿量が多いくらいで頻尿にはなりません。
そして尿の垂れ流しも睡眠中には見られないことから、ますます心因性が疑われました。
フリーの状態にしたとき、ちょっとでもしたくなったらすぐする、みたいに見えました。
あかりの状態を見れば見るほど不安感が増しましたが、
病院に頼まれていた尿採取が出来たので、私は再度病院に電話をかけることにしました。
その日は午後休診の日でしたが、院長先生が心配なので夜に電話をくださると
言ってくださっていたのです。





私が夜6時頃に病院に電話をかけると、休診の留守番電話に切り替わったあと、
院長先生が通話に切り替えて電話に出てくださいました。
私は尿採取ができたこと、もしかしたら手術中の細菌感染による膀胱炎の可能性
はないだろうかと話したところ、
まだ病院に残っているので、もし可能なら尿を持って来てくださいと言ってくださいました。
私は休診中に申し訳ないと思いつつも、最後に残っていた尿検査の結果が知りたくて
あかりと一緒に病院に向かいました。






私は院長先生だけが待っていてくれると思っていましたが、執刀医の先生も一緒に
残っていてくれました。
どうやら、手術や検査などはすべてその若い男性の先生が行っていて、
院長先生は問診や全体的な治療、総監督のような立場で治療を行っているのが伺えました。
私は見た目や思い込みだけで院長先生以外の担当医を嫌がっていたことを、
ものすごく後悔しました。
確かに院長先生の人柄や病院の雰囲気でこちらの病院に決めたことは事実ですが、
なにも院長先生だけが信頼できる獣医で、他の先生が信頼できない獣医な訳はないのです。
アオイの担当医がころころと変わっていて当たり外れがあったのも、
設備の整っていたその病院が研修医の育成のために様々な患者を診せていたということ。
病院との信頼関係を築くには、飼い主の一方的な感情が悪影響を及ぼすこともある。
今回のことで、盲目的になってしまう自分の性格を見直さなくちゃと思いました。






そして尿検査の結果、やはりあかりには何の異常も見つかりませんでした。
むしろとてもきれいな尿だそうで(笑)、結石などの他の部分でも太鼓判を押されました。
私は少し不安もあるが、全日カラーを外して様子を見たいこと、
抜糸の時期までは気長に様子をみていくことを伝えました。
先生方も賛同してくれて、もし傷口を舐めてしまうようなときはその時に対処しましょうと
いうことになりました。





その日は日曜日でお金を下ろすことができず、
また連日の検査代で持ち合わせが少なかった私は、
出来れば次回の時に今日の検査代を払わせて欲しい旨を申出ました。
少し事情がありまして、今はカード払いを控えたい時期だったのです(この話は後日)。
すると院長先生は、いいです~今日のは払わなくて大丈夫です~ええ、もう本当に~と
仰ってくださったのです!
うえーん、休診時に押し掛けたのにもかかわらず、しかもあかりは3回も粗相…。
でもでも本当に今回は出費が痛かったので、なんとお言葉に甘えさせて頂きました。
先生方、夜遅くまで本当にすみませんでした…。






そしてカラーを全日外したあかりは、徐々にではありますが頻尿の回数が減ってきました。
まだ頻尿を繰り返すものの、その間隔がひっきりなしだった頃に比べると、
数分~十数分になってきているし、垂れ流すこともとりあえずはなくなりました。
カラーが想像を超えて負担だったのか、日数が経ってきていることが影響しているのか
分かりませんが、私の心境もかなり回復してきています。





004_convert_20110118114944.jpg
頻尿中のあかり





頻尿の間隔が短くなってくると私も大変なので(おむつは負担になるかもなのでNG)、
その時はサークルに入ってもらいます。
すると手術の痛みも全くない元気一杯のあかりは、
私がいるのに出してもらえない不満をサークルにぶつけていました。
アオイから引き継がれた愛しいサークルなのに、こんな有様…。





005_convert_20110118115037.jpg
ガリガリです。トホホ…。





あかりの状態がやや良くなってきているのが嬉しくて、先程院長先生に電話をかけました。
最初は心配そうな院長先生でしたが、あかりの症状を話すと、
とてもほっとしたのが伝わってきました。
やっぱり今は、モンスターペアレントやクレーム患者が多い風潮の中、
私みたいな神経質な飼い主は大変なことだったんだな~と思います。
でもなにより、院長先生が患者一頭一頭をすごく気にかけて治療を行っていることが
分かった件でもありました。
もし保身に過ぎる病院だったら、最後まで責任を負うとまでは言わないと思うし、
休診時に自ら進んで迎え入れないと思うからです。
飼い主である私が納得して帰る意向を示すまで、
執刀医の先生は何度も説明を繰り返し、院長先生はあかりをあやしながら待っていてくれました。






006_convert_20110118115056.jpg
椅子の上で待つあかり。一番ひどいときにはありえない光景でした。






抜糸までにはもっと良くなるかもしれない。
治るのに半年も一年もかかるかもしれない。
もしかしたらずっと頻尿かもしれないけれど、あかりは元気です。
そして私も元気を取り戻すことが出来ました。
どうか無事に、抜糸の日を迎えることが出来ますように。











最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

[C400]

あかりちゃん、大変だったのねーそろそろ抜糸かな?なんて呑気に思っていたらみずほちゃんも大変だったね。病院って人間でも好きな人ってなかなかいないんだからワンコはもっとストレス溜まるんだろうなぁ。オマケに手術もだもんね。でも段々と善くなっていくから大丈夫!みずほちゃんも不信感持ったままで無く、納得されたことも安心したよ。あかりちゃん、もう怖いことも痛いこともないし、ママがずっとそばにいてくれるんだから大丈夫だよ。お大事にね。
  • 2011-01-18 18:54
  • らいちママ
  • URL
  • 編集

[C401] らいちママさんへ

抜糸にはあと1週間もかかるそうなんですよ~(汗)。
でもそれまでには、あかりの頻尿ももっと良くなって欲しいので待てます(笑)。
あかりにとっては初めての恐怖体験だったんですよね、きっと。
加えて視界を遮るカラーを付けられて、
ストレスがピークになってしまったんじゃないかと今なら思えます。
今回の記事は私の対応が大袈裟過ぎて恥ずかしいと思ったけれど、
その時は私もパニックになっていたし、自戒も込めてUPすることにしました。
私達の経験が、いつか誰かの情報としてお役に立てたらいいなあと思います。

[C402]

みずほさん、お久しぶりです。
久しぶりに覗いてみたら、避妊手術をされていたことと、その後の経過が心配な状況ということにビックリしました。
心因性ということは、初めての手術や慣れないカラーがあかりちゃんにストレスを与えていたのかもしれないですね。良い子のあかりちゃんだから我慢しすぎちゃったかな??
でも、状態も少し良くなってるようですし、信頼のおける病院のようなのできっといい方向に事は進んで行きますよ!
あかりちゃんの状態が良くなるように祈ってますね♪

[C403]

あかりちゃん色々な要因が重なってストレスに
なっていたのかな。尿もキレイで病気でなくて
安心しました。みずほさん色々気付けてよかった
ですね。不安になってしまうのは当然の事である
けれど1つだけを見てしまうと他の事が見えなく
なるものです。みずほさんが気付いた事とても重要
だと思いますよ。病院の対応はこちらで私の知って
いる病院では考えられないくらい。とてもいい先生
たちに巡り合えましたよね。信頼関係が成り立つって
いいなぁと思いました。あかりちゃん少し軽減されて
いるようなので少し安心しました。もう少し時間が
たてば元の状態に戻るような気がします。不安で
しょうがド~ンと構えてくださいね。でも私も同じ
立場になったら毎日不安になってしまうだろうな。
でもファイト!ですよ。
生意気な事書いてごめんなさいね。
  • 2011-01-19 06:50
  • 文陸パマ
  • URL
  • 編集

[C404] あいさんへ

そうなんです~。
手術が急に決まって、無事に帰ってきたと思ったら
こんな事態になっていました(泣)。
今もあかりの頻尿は続いていますが、
おやつなどで気をそらせる作戦をしています(笑)。
おしっこの事を忘れるみたいで、他に気を引くなにかがあれば軽減されるみたいです。
あかりは私には勿体ないくらいおりこうさんな子ですが、
かえってそれが今回みたいにストレスを溜める原因になるのかもしれませんよね。
私も、あかりにとって良い飼い主になれるように頑張ろうと思いました。

[C405] 文陸パマさんへ

生意気だなんてとんでもない~!
私の方こそ、病院に迷惑をかけてしまって猛省しています。
いま考えれば、あかりは私と引き離されて痛い思いもして、
生きた心地がしなかった経験をしたんですよね。
病院では症例のないものだったそうですが、
ネットでは同じ症状の子も見つけることがあったので、
私が反応しすぎてしまった部分もあると思っています。
そう、特に院長先生は心を痛めてあかりを心配してくださって、
他の病院ではなかなかここまで親身になって対応してくれないんじゃないかと思います。
この記事を書くのは自省も込めてですが、
他の飼い主さんやこれから避妊手術を受けるワンコ達の体験談になればいいなあと思いました。
これから色々なことが起こっても、一人で熱くならずに対処できそうです(笑)。
励ましのコメ、ありがとうございます☆

[C406]

あかりちゃん、順調に回復してると思っていたら大変な事に\(◎o◎)/!
みずほさん、心配でたまらなかったでしょうね(´;ェ;`)ウゥ・・・
心因性の尿失禁…
ワンコもホントに人間と一緒ですね。
今回のことはとっても心配なことでまだまだ時間もかかるかもしれないけど、信頼できる病院だということがわかったことはよかったですよね。
こういうことの対応で先生のお人柄や病院の体質がわかりますもの。
こちらの思いに真摯に向き合ってくださり、きちんと話し合いができる先生。
信頼できますね!

1日も早く快方へ向かいますように。
お大事にしてくださいね。
  • 2011-01-19 19:57
  • こふみ
  • URL
  • 編集

[C407] こふみさんへ

あかりの症状は、いまは頻尿程度に落ち着いてきています。
本当に最初はどうなることかと心配しすぎて大変でした。
少しずつ良くなってきてくれて、感謝するとともに自分が恥ずかしくなってきました(照)。
何事も様子をみるということも大事なんですよね…。
すぐに結果を求めたり、答えを性急に出そうとするクセを思い知りました~。
今夜も院長先生は電話をかけてきてくださって、
あかりの様子が心配でしかたないという思いが伝わってきました。
心因性の尿失禁なんて、避妊手術が原因では出ないものなんでしょうね。
一週間後の抜糸の日まで、このまま順調に回復してくれればいいなあと願っています☆

[C408]

お久しぶりです。
あかりちゃん 大変だったのですね。

あかりちゃんはきっとすごく繊細で敏感な子なのでしょうね。
うちのくるみは結構神経質なようで、お出かけ(初めての場所)や旅行のときはパッチフラワーやサプリメントを利用しています。
あかりちゃんが今後ゆっくりと回復されることを、心より祈っています。
  • 2011-01-21 21:09
  • まるこママ
  • URL
  • 編集

[C409] まるこママさんへ

おひさしぶりです!
そうなんです~、あまり表に出さないタイプだとは思っていましたが、
ストレスを内に溜めこんでいたんですね。
良い子にしてるからって、ストレスを感じていない訳ではないんだと
今回飼い主として反省しています。
パッチフラワーというのはレメディの一種なんでしょうか?
お値段が気になりますが(笑)、あかりにも試してみたいですね。
貴重な情報ありがとうございます♪

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoiakari.blog103.fc2.com/tb.php/44-d689f0fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

みずほ

Author:みずほ
仙台でパグとの二人暮らし♪

長女:アオイ
(黒パグ♀ 享年3歳3ヶ月)

次女:あかり
(フォーンパグ♀ 4歳)
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。