Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私達の震災~仙台より~ 4

震災から4日目の朝、私は目覚めると階下の音に気づきました。
まだ電気が復旧していないこのマンションに寝泊まりする住人は少なく、
階下での物音は初めて聞いたような気がしました(実際には聞こえていなかっただけ)。
誰かは分からないけれど、とにかく会って話をしよう!
そして情報を教えてもらったり、マンションの状況を確認し合ったりしたい!
私は顔を洗う間もなく、階下に降り、そのご夫婦と出会いました。








010_convert_20110321143722.jpg
震災4日目のあかり。私の不安定さを映す鏡のような表情。








私の部屋の1階下に住んでいるそのご夫婦とは、震災の前に一度だけ言葉を交わした事がありました。
エレベーターであかり連れの私と一緒になり、あかりを見て「可愛いね」と声をかけてくださったのです。
それを即座に思い出した私は、どこかに出かける様子なお二人をつかまえて、
どこに行かれるのか、ずっとマンションで寝泊まりされているのかといったことを尋ねました。
するとそのご夫婦は、近くの川に水を汲みにいくところだと言うので、
私は徒歩数分の場所に給水所がある事、自分も毎日そこに行って水道水をもらっている事を伝えました。
つまり、同じマンションに住んでいながら、近くの給水所についてさえ情報が共有されていないのです。








早朝に川まで水を汲みに行く必要が無くなったそのご夫婦と少し話し込むうちに、
段々と私の心が晴れてくるのを感じました。
私が一人と1ワン暮らしで、主にコンビニで補給した食料で生活していることを知ると、
ご夫婦はそれならば今夜夕食を作るから、是非一緒に食べましょうと言ってくださったのです!
控えめに誘ってくださるのではなく、そんな食生活でどうするんだという(苦笑)、
年長者らしい物言いというか、娘世代の私を気遣ってくれる温かい心を感じました。
私は想像以上に有難い申し出に逆に戸惑いながらも、とても喜んで二つ返事をさせて頂きました。
私たちはそれぞれ給水所に向かうために、一旦その場を別れました。








いつもどおり水道水を自宅に運び込んだあと(全ての住民が自力での階段昇り)、
私は近所の家電屋さんに携帯の充電に出掛けました。
私は知らなかったのですが、区役所や大きな家電屋さんは既に無料の充電サービス行っているとの事でした。
これもご夫婦に会わなければしばらく知らなかっただろうな~。
私が与え得る情報は少なく、これも一人暮らしの定めだわーと妙に納得しました。
充電には2時間位かかりましたが、実家や遠方の友人と通じることができ、とても嬉しかったです。







充電後、そのまま帰っても実が少ないと思った私は開いているガソリンスタンドを探す事にしました。
すると普段居酒屋のお店がおにぎりなどの販売をしている行列があったので、それに並びました。
そのときはまだ、お菓子などが主食だったので高くても買おうと思ったのです。
そしてその行列では、たまたま若い女の子と男の子二人と互いの近況を語り合う場を持てました。
女の子は学生で、友達と協力しながら食料確保に努めているといった話をしました。
男の子二人は…出張でたまたま仙台に来ていて、実家とは連絡不通でもう諦めていると話していました。
この仙台市街地はあまりにも長閑で、奇跡的に被害が少なく、自分達は幸運なのだと。
男の子達が去った後、女の子と二人でしみじみとそうだよね…と言い合いました。
おにぎり販売の行列に皆で仲良く並んでいるなんて、こちらの方がより非現実的なのです。
そして行列が終わる頃、まったく知らない女性の方が私に話し掛け、
マンションに電気が通ったわよー!と教えてくださいました。
何故私のことを知っているのかと尋ねると、だって目立つもの~と言われました。
ええと…。それはいい意味でということでしょうか?(苦笑)







その日のご夫婦宅での夕食は、震災後初の電気開通ということもあって大層幸せなひと時でした。
私は手ぶらで伺うのは失礼だと思い、最後の炊き出しの豚汁を3人分確保し、
一家団欒に混ぜてもらいました。
色々なことを話しながら、久しぶりの温かい食事を摂りながら、
私はもう心身ともに大丈夫だと感じていました。
ご夫婦の温かいもてなしだけではなく、電気開通や、辛いのは自分だけではないという経験が
私の心を修復してくれていました。
勿論なによりも、初対面に近いご夫婦にこんなにもよくしてもらったことが一番にあることは
言うまでもありません。
なんとご夫婦は、帰る際にたくさんの食料を私に分けてくださったのです(涙)。
こんな時は助け合わないといけない、と仰っていました。
私は我ながら何もできないけれど、自分に出来ることはしていこう、と思いました。






その夜からは、全く違った心持ちで震災後の夜を過ごすことができました。
まず、毎日電話ができること。TVを見れること。夜明るいこと。
水道の復旧にはまだ日数を要するのですが、この日を境に私は強くなったと思います。
あ、あかりは話に出てきませんが(汗)、それはまったく普段と変わらずに元気だからです。
余震に吠えることはあっても、私に対するものや普段の生活は特に変化もなく…。
あれ?なんかあったっけ?







013_convert_20110321164141.jpg
ひどし…。あかりが主役のブログなんですよ?







あ~いいですね~。表情に余裕があります(笑)。
このカテゴリの記事は、もう少し続きます。








記事を書くことを優先したいので、コメントは閉じさせていただいています。
もしなにかありましたら、最後の記事にご意見等よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

みずほ

Author:みずほ
仙台でパグとの二人暮らし♪

長女:アオイ
(黒パグ♀ 享年3歳3ヶ月)

次女:あかり
(フォーンパグ♀ 4歳)
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。