Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私達の震災~仙台より~ 6

先日のマンションの貯水タンクからの給水は一時的なものと思っていましたが、
翌日の夜にはあっけなく全戸水道設備が復旧しました。
いきなりドバドバッという音がしたのでびっくりしてキッチンに行ったら
滝のような水が蛇口から…!
嬉しいのとびっくりしたのと急だなあという妙に不思議な気持ちになりました。
あれだけ困っていた水道がなんの前触れもなく直るっていうのは、変な感じがするのです。
とにかくおトイレ用の水を汲みに行かなくて済むのは本当にありがたいことでした。
エレベーターの復旧にはまだまだ時間がかかりそうだったし、我が家は8階だし(苦笑)。
もちろんあかりさんの飲み水も♪







011_convert_20110322094838.jpg
あかりは、いつだって冷静ですから。






そ、そうかな~。余震には大層敏感に吠えているけれども…。






この頃になると余震は少しずつ落ち着いてはきましたが、
なんと言っても震源地の近くなのでまだまだ予断は許しません。
私は余震の最中にあかりを置いて外出するのはとても不安でしたが、
給水や買い出しの時はどうしてもあかりを連れていくことは出来ないので、
いつも意を決して外出をしていました。
それでも、ご夫婦のお宅にお邪魔するときや管理人室に問合せに行く時、
近所のペットショップに行くときなどは一緒に行動していたので、
あかりも自動的にマンションの内階段をえっこらと登るハメに。
心なしか私もあかりもすっきりスリムになったような気がします。







014_convert_20110322095818.jpg
だったらその分、オヤツ増やしてちょーだい!







え~、せっかくスリムになったのに~?
でもあかりは階段を上ることはできるけど、降りれないじゃない?
だからおかあさんは、7キロオーバーのお相撲さん(=あかり)を抱えて階段を下りてるんだよ?
まあオヤツをねだるのはずっと前からだしね…。
お顔のニキビも直ってきたし、少しずつだけど増やしても大丈夫かな~。







あかりのフードを確保できていないとき、私は炊き出しで配給される一人分のおにぎりやおじやを
あかりにもその都度少し分けて食べさせていました。
塩分過多なのは分かっているけれど、お米ならあかりの身体に負担も少ないだろうし、
もしずっとフードを手に入れられないとしたら、いまあるフードと人間用の食事を混ぜて
食べさせるしかないと思っていたのです。
あかりは、おじやなんか初めて見る食べ物なのに、私があかりのお皿に入れてあげると
不思議そうにそれでも嫌な顔ひとつせずに残さず食べてくれました。
それがどんなに有難かったことか…。
もしあかりが食の細い子だったら、飼い主としてもっともっと気を遣った避難生活になったでしょう。
でもその代償として、あかりのお顔には大きいニキビが数個できてしまいました。
あかりのお風呂を一番に考えたのも、この事があったからです。
無事にフードに戻れたあかりのお顔は少しずつ良くなっていきましたが、
代わりにあかりは私が食べているものに異常に興味を示すようになってしまいました(泣)。
仕方ないですよね、数日前は自分にも分けてもらえる食べ物だったのですから。
でもあかり、ワンコ用のオヤツの方が美味しいから、今度からはこっちしかダメですよ~。







003_convert_20110322102129.jpg
このオヤツも当分買えないから、ケチケチでね。







さてこの日は、ライフラインの復旧とは別にとっても嬉しいことがありました。
仙台に実家のある、札幌在住の友人が私宛にもレターパックを送ってくれたのです!
事前に電話でなにが欲しいか聞かれていた私は、迷わず生タイプの味噌汁とマスクを要求(笑)。
しぶいね~と言われましたが、友人は他にもたくさんの救援物資を届けてくれました。







017_convert_20110322102706.jpg
あかりのも入ってる?






友人はワンコを飼っていないので、あかりの食べられるものは無かったよ~(贅沢)。
魚系の缶詰めやスープの素、それに水を使わなくてもできるドライシャンプーまで!
どうやら他の仙台の被災者の友人からのアイデアだそう。
ほほう~。そうなの、女子はこういうのが必要なのねえ(私、全然思いつかず…)。
いまは勿体なくて使えないけど、またこれからも活躍しそうなので大事にとっておきます。







震災当日から、付き合いの遠ざかっていた友人や知り合いなどからもたくさんのメールや
連絡を頂きました。
パグ仲間の皆さま、コメントをくださった皆さま、ポチを押してくれる方々からの応援も…。
最初は、一人暮らしでの被災の辛さを思い知った私でしたが、
それがかえって人の温かさや優しさ、思いやりやつながりの尊さを倍感じられたと思います。
行列に一緒に並んだ人達、言葉を掛け合った通りすがりの人々、
すべてが温かいかたまりとなって私の心の中にとどまっています。
本当に、一日も早い被災地すべての復興を願ってやみません。












記事を書くことを優先したいので、コメントは閉じさせていただいています。
もしなにかありましたら、最後の記事にご意見等よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

みずほ

Author:みずほ
仙台でパグとの二人暮らし♪

長女:アオイ
(黒パグ♀ 享年3歳3ヶ月)

次女:あかり
(フォーンパグ♀ 4歳)
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。