Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C584]

よかったね。あかりちゃんに見付けたデキモノ…。お薬飲んでやっつけちゃおうね。


わが家の去年亡くなった亜生ちんは、肥満細胞腫と診断され、手術は成功したものの…

呼吸不全により天使になってしまいました。
それでも、設備の整った病院で数々の病気を見付け又、治してもらえ

楽しい時間をいっぱい過ごすことができた気がしています。



あかりちゃんの病院の件ですが、やっぱり万全の設備のある病院があるのは心強いことだと思うので、

私はコチラの病院をオススメかな?

あくまでも、印象だけなのでじっくり考えて答えをみつけてください。

以前よりず~っと読み逃げばかりでしたので、
コメントも残したことがあったかどうか…あやふやで、ごめんなさい。

楽しみに読ませていただいてるファンのひとりです。
  • 2011-07-04 11:38
  • ぴろぴろ
  • URL
  • 編集

[C585]

あかりちゃん、本当にただのオデキで良かったね~。とは言っても写真は痛々しいよ。アオイちゃんの病院に行く機会、アオイちゃんが作ってくれたんだね。あかりちゃんは病院はどっちも嫌だろうけど設備の整った雰囲気もいい、丁寧な治療説明してくれる病院なら安心だと思うよ。何より休診日が無いのが一番だね
  • 2011-07-04 18:01
  • らいちママ
  • URL
  • 編集

[C587]

びっくりしたよ\(◎o◎)/!
悪いものじゃなくてよかった~
頑張ってお薬飲んで早く治してね。

病院選び、難しいですね。
あかりちゃんの病院の院長先生の温かさ、捨てがたいですよね。
アオイちゃんの病院、みずほさんの心が落ち着く…これまた重要なポイント!
う~ん、悩みますね。
  • 2011-07-06 00:01
  • こふみ
  • URL
  • 編集

[C591] はじめまして、ぴろぴろさんへ

亜生くんのこと、私も一読者として見守っていました。
二代目亜生くん、とっても穏やか~で幸せそう。
私も二代目アオイと名付けたかったです。辛すぎて出来ませんでした。
私はアオイとの思い出がありすぎるあの病院を、なるべく選びたくなくて今の病院を探し出しました。
決して病院に不満があった訳ではなく、私自身も含めて優しい雰囲気の病院に移りたかったのです。
でもいまは、あかりやこのブログでの皆さんとの交流が私を随分と癒してくれ、
またアオイの導きもあって以前の病院に通えるまでになりました。
そして新居の場所は不思議なことに、二つの病院のちょうど中間の位置にあります。
私には、どちらを選んでもいいんだよ~という道しるべに思えました。
とりあえずは、普段のケアはこれまで通りの病院に、
なにか難しそうな病状のときはアオイの病院に行こうと思っています。
いずれにせよ、健康な状態の子が通うには逆に絶対にあの病院を必要な患者さん達に迷惑な気もして。
設備の整った病院に通える環境に恵まれていること、とても幸せですね。
あかりの病院嫌いもいつか克服できると尚いいんだけど~と思いながら(笑)。

[C592] らいちママさんへ

あかりのデキモノ、まだほんの少ししか小さくならないんですよ~(涙)。
毎日、ガン見しています(笑)。あと一週間、祈りながら経過観察していきます。
あかりは今までの病院だと素直に不安そうな顔をしていましたが、
アオイの病院だとその混雑さやものものしい雰囲気に固まっていました(苦笑)。
私は慣れているんですが、やっぱり一般の病院とは違うんですよね、色々と。
なにがあっても後悔しない病院であることは間違いないので、
病状の重そうなときには迷わず駆けつけることにし、普段のケアはこれまで通りにしようと思います。
二つもかかりつけがあるなんて、あかりは幸せものですね☆

[C593] こふみさんへ

すっかりご無沙汰しています…。
きっときっと、今日からはゆとりが出てくるハズ!(笑)
やっぱり普段の生活に戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。
アオイの病院だと、私はまったく遠慮せずに聞きたいことを質問できるし、
診断を迷わず受け入れることが出来るんです。
あかりの病院にはすごくお世話になっているけれど、全福の信頼を寄せているかと言えばそうではない…。
それもすごく失礼な気がしています。
きっと、私の性格に合う病院はアオイの病院なんだと思います。たとえ激混みでも(苦)。
それでも縁あってお世話になった病院なので、あかりの精神面も含めて両方の病院を
あかりのかかりつけにしようと思っています。
また近況報告しますねー!

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoiakari.blog103.fc2.com/tb.php/68-2197f1c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アオイの道しるべ

じつは昨日、急遽あかりを病院に連れて行ってきました。
あかりの状態ではなく、私だけが慌てていたのですが~。
昨日の記事を書いたあと、のびのびになっていたあかりのペット保険の手続きをしようと思ったら、
気になることを発見してしまったのです…。







001_convert_20110704064319.jpg
気になることって~?







アオイの年中の湿疹を見続けた私にとって、パグ=湿疹みたいに思っていた節がありました。
なので、ほとんど湿疹が出ないあかりに一つや二つ湿疹を見つけても、
すぐに治るだろうと思ってしまっていて、実際そういうことも度々ありました。
もちろん行きつけの病院の塗り薬は常備していて、見つけたら塗ってはいましたが…。
けれど、どうもそうではない湿疹があかりの陰部にはあったのです。








私は即、これは肥満細胞腫ではないかと疑いました。
一週間前くらいに見つけたときはまだ赤くて小さかったのに、
今日みると赤みはひいて少し大きくなっているのです。
なんでもっと毎日気をつけて見てあげなかったのだろう…。時すでに遅しです。
しかも、日曜の午後から月曜日までは行きつけの病院は休診日です。
私はしばし悩みました。







あかりはすこぶる元気だし、これはどうみても急を要する状態ではない。
火曜日まで待って、それから診てもらっても結果は変わらないだろう。
今日は貴重な休日でやる事も溜まっているし…。
私は言い訳を考えていた自分が嫌になりました。







本当は、アオイのかかりつけだった病院に行きたくなかったのです。
アオイの病院は年中無休で、しかも病理検査や難病治療を得意とする最新の設備がある病院。
あかりの症状を診てもらうには最良なのに、私の感傷でそれを諦めようとしていました。
いつもの病院が休診のときにこの湿疹を見つけたのには訳がある。
きっと、アオイがあかりを自分の行きつけだった病院へ導こうとしているんじゃないかと感じました。
不安は気持ちを抱えながら、あかりを車に乗せ、私は3年間通ったアオイの病院へ急ぎました。








久しぶりに行ったその病院は、相変わらず混んでいました。
受付の方も私を覚えていて、新しい子ですね?と初診の手続きを始めました。
私は受付ノートに名前を書く時、思わずアオイの「ア」の字を書きそうになって…。
中途半端なあかりの「あ」の字になってしまいました。
癖って本当に無意識にでるものなんですね…。







今回あかりを担当してくれた獣医さんは、アオイの時にも何度も診てくれた女医さんでした。
この病院でずっと働ける先生は貴重です(笑)。体力的にも技術的にもかなりハードル高し。
私はこの先生で良かった~と思いながら、あかりの陰部を見せました。
やはり先生も、これは肥満細胞腫の疑いがありますねとおっしゃって、
すぐに病理検査に出しにいってくれました。







この病院では、検査の結果をカラーのスライド映像を見せながら飼い主に説明してくれます。
私は結果を待つ間、その映像を映すスクリーンと対峙しながらぼーっとしていました。
何故か、この病院にいると落ち着くのです。
しばし待ったあと、先生は急いで結果を持って戻ってきて、
細胞腫ではありませんでした~と言いながらスライド映像を説明してくれました。
あかりの陰部のできものは、細菌の感染による炎症との事でした。








002_convert_20110704074245.jpg
病理検査に出すために針を刺したあとの陰部のできもの








先生は、この時期は急に皮膚の状態が悪化する子達が増えていて~と話しながら、
抗生物質の服用だけで小さくなって消えていくと思われますと言ってくれました。
最悪切除手術を考えていた私は拍子抜けしましたが(笑)、
同じ先生に診てもらうために10日後に再来予約をして病院をあとにしました。
沢山の獣医を抱える大きな病院は、いつも同じ先生に診てもらうことは不可能です。
新人や研修医ではない昔ながらの先生に診てもらえて幸運でした(実際の指示は院長先生だとしても)。







帰りの車の中、私は待合室での様子を思い出しながらある迷いを持っていました。
アオイの病院は相変わらずだったな…。
重病を抱える子が多いせいか、飼い主同士の触れ合いがとても多い待合室なのです。
それが不安を抱える飼い主たちにとってどれほど癒しになるか。
あかりの病院では飼い主たちの気質なのか、ほとんど触れ合いはありません。
優しい優しい院長先生のこれまでの病院をあかりのかかりつけとするか、
万全の医療体制と圧倒的信頼を集めるアオイの病院のほうを選択するか。
簡単に答えは出ません。でも、二つの選択肢をアオイが遺してくれたような気がしました。







004_convert_20110704080549.jpg
あかり病院はどっちもイヤ…。







ままま、そう言わずに~。
でもあかりは偉いね、怯えてるのかもしれないけど吠えないし大人しいもんね。
抗生物質の服用だけの治療にとっても安心した私は、
このあと近所のアウトレットでたくさんのお買いものをしましたとさ。
あかりの誕生日プレゼントも買い込んだので、当時にUPする予定です♪








003_convert_20110704081221.jpg
アオイ、ありがとう。おかあさんはこんな気分だよ~。











梅雨よ早く明けてくだされ~。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

[C584]

よかったね。あかりちゃんに見付けたデキモノ…。お薬飲んでやっつけちゃおうね。


わが家の去年亡くなった亜生ちんは、肥満細胞腫と診断され、手術は成功したものの…

呼吸不全により天使になってしまいました。
それでも、設備の整った病院で数々の病気を見付け又、治してもらえ

楽しい時間をいっぱい過ごすことができた気がしています。



あかりちゃんの病院の件ですが、やっぱり万全の設備のある病院があるのは心強いことだと思うので、

私はコチラの病院をオススメかな?

あくまでも、印象だけなのでじっくり考えて答えをみつけてください。

以前よりず~っと読み逃げばかりでしたので、
コメントも残したことがあったかどうか…あやふやで、ごめんなさい。

楽しみに読ませていただいてるファンのひとりです。
  • 2011-07-04 11:38
  • ぴろぴろ
  • URL
  • 編集

[C585]

あかりちゃん、本当にただのオデキで良かったね~。とは言っても写真は痛々しいよ。アオイちゃんの病院に行く機会、アオイちゃんが作ってくれたんだね。あかりちゃんは病院はどっちも嫌だろうけど設備の整った雰囲気もいい、丁寧な治療説明してくれる病院なら安心だと思うよ。何より休診日が無いのが一番だね
  • 2011-07-04 18:01
  • らいちママ
  • URL
  • 編集

[C587]

びっくりしたよ\(◎o◎)/!
悪いものじゃなくてよかった~
頑張ってお薬飲んで早く治してね。

病院選び、難しいですね。
あかりちゃんの病院の院長先生の温かさ、捨てがたいですよね。
アオイちゃんの病院、みずほさんの心が落ち着く…これまた重要なポイント!
う~ん、悩みますね。
  • 2011-07-06 00:01
  • こふみ
  • URL
  • 編集

[C591] はじめまして、ぴろぴろさんへ

亜生くんのこと、私も一読者として見守っていました。
二代目亜生くん、とっても穏やか~で幸せそう。
私も二代目アオイと名付けたかったです。辛すぎて出来ませんでした。
私はアオイとの思い出がありすぎるあの病院を、なるべく選びたくなくて今の病院を探し出しました。
決して病院に不満があった訳ではなく、私自身も含めて優しい雰囲気の病院に移りたかったのです。
でもいまは、あかりやこのブログでの皆さんとの交流が私を随分と癒してくれ、
またアオイの導きもあって以前の病院に通えるまでになりました。
そして新居の場所は不思議なことに、二つの病院のちょうど中間の位置にあります。
私には、どちらを選んでもいいんだよ~という道しるべに思えました。
とりあえずは、普段のケアはこれまで通りの病院に、
なにか難しそうな病状のときはアオイの病院に行こうと思っています。
いずれにせよ、健康な状態の子が通うには逆に絶対にあの病院を必要な患者さん達に迷惑な気もして。
設備の整った病院に通える環境に恵まれていること、とても幸せですね。
あかりの病院嫌いもいつか克服できると尚いいんだけど~と思いながら(笑)。

[C592] らいちママさんへ

あかりのデキモノ、まだほんの少ししか小さくならないんですよ~(涙)。
毎日、ガン見しています(笑)。あと一週間、祈りながら経過観察していきます。
あかりは今までの病院だと素直に不安そうな顔をしていましたが、
アオイの病院だとその混雑さやものものしい雰囲気に固まっていました(苦笑)。
私は慣れているんですが、やっぱり一般の病院とは違うんですよね、色々と。
なにがあっても後悔しない病院であることは間違いないので、
病状の重そうなときには迷わず駆けつけることにし、普段のケアはこれまで通りにしようと思います。
二つもかかりつけがあるなんて、あかりは幸せものですね☆

[C593] こふみさんへ

すっかりご無沙汰しています…。
きっときっと、今日からはゆとりが出てくるハズ!(笑)
やっぱり普段の生活に戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。
アオイの病院だと、私はまったく遠慮せずに聞きたいことを質問できるし、
診断を迷わず受け入れることが出来るんです。
あかりの病院にはすごくお世話になっているけれど、全福の信頼を寄せているかと言えばそうではない…。
それもすごく失礼な気がしています。
きっと、私の性格に合う病院はアオイの病院なんだと思います。たとえ激混みでも(苦)。
それでも縁あってお世話になった病院なので、あかりの精神面も含めて両方の病院を
あかりのかかりつけにしようと思っています。
また近況報告しますねー!

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoiakari.blog103.fc2.com/tb.php/68-2197f1c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

みずほ

Author:みずほ
仙台でパグとの二人暮らし♪

長女:アオイ
(黒パグ♀ 享年3歳3ヶ月)

次女:あかり
(フォーンパグ♀ 4歳)
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。