Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C639]

ふふ。あかりちゃん、白いトドなんですか?(#^.^#)
うちも白いトド(ななみ)と黒いトド(遊)がいますよ。

あの日から半年、でも一口に半年と言っても被災された皆様には重く大変な日々だったと思います。東北のどの場所も完全に復興できるまで出来る限りの支援も必要ですよね。
そして何よりも、この体験をブログや報道などで発信してくれた皆さんの事を忘れてはいけないと思ってます。

みずほさんがあかりちゃんを連れて給水や炊き出しに並んだこと、情報を集めに行ったこと、同じマンションの方と助けあったこと…。どれも忘れずに、そして次に活かさないとと思います。
先日、東北展があったので覗いてみました。仙台から来ていた塩辛のお店でお買い物しましたよ。大変でしたねと声を掛けると、頑張ってるよ!と言ってました。応援しつつ、美味しい塩辛や松前漬けを堪能しました。
自分の出来る事で末長くお手伝いできたらと感じてます。
  • 2011-09-12 14:49
  • たーたん
  • URL
  • 編集

[C641] たーたんさんへ

パグってヘソ天してるとき、別の動物みたいですよね(笑)。
白トドちゃんと黒トドくんがいる生活、羨ましいです~。
被災経験をブログなどで発信すること、私自身は自然なことだと捉えています。
でも被災地の内情をむやみに公にすることに感心しない方もいるのかな…。
そんなことを、ふと思いました。
仮設住宅で苦労しながら生活している様子をネットのニュースで読むたび、
必ず甘えるなとか、そこまで行政が支援しなければいけないのか、という意見が寄せれらます。
私はそう思うのも仕方ないと感じます。だって、当事者にならなければ分からないことは沢山ある。
それぞれがそれぞれの立場で経験したことを次につなげていく他ありませんものね。
私こそ、皆さんのくださるコメントを読んで色々と考えたり、吸収させてもらっています。
これからもどうぞよろしくお願いします(こんな返信…?笑。)

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoiakari.blog103.fc2.com/tb.php/76-08057189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワクチンの話

9月10日は、休日にワクチン接種をしてきました。
と言ってもあかりのではなく、飼い主自らのワクチン接種です。
ええ~?30最を過ぎてからの成人女性のワクチン~!?
そう、ワクチンは子供だけのものではなく、人間の大人にもちゃんとあるのです。








22_convert_20110912003340.jpg
ふんぞり返ってますが、なにか~?








今回私が受けたのは、子宮頚がんの予防ワクチンでした。
この子宮頚がんのワクチンには2種類が用意されており、
最初に開発された2型と、今秋から日本での接種が可能になった4型があります。
2型より4型の方が予防効果が高く、子宮頚がん以外の感染症なども防ぐことが出来ます。
私は迷わず4型を選択し、かかりつけの婦人科で無事に1回目の接種を済ませてきました。








23_convert_20110912003431.jpg
ファ~ッッ。(大きいあくびですな…。)







このワクチンは合計3回接種しなければならず、その場で次回の2ヶ月後を予約してきました。
ワクチンの費用は1回につき1万6千円。3回の合計で、4万8千円の費用がかかります。
保険が効かず、また病院によって費用も若干変わるので約5万円ですね。
でも私は、この金額が高いとは思いませんでした。
だってパグズは毎年約1万円のワクチンを打つのだから~。子宮頚がんのワクチンは生涯一度のみ。
このワクチンと定期健診で予防できるのなら、お安いものだと割り切って考えています。







どうしていきなりこの話題をブログにUPしたのかと言うと、
子宮頚がんの予防についてあまりにも周知がなされていないなと感じたからです。
20~30代の女性がいま最も罹患しているがん、それが子宮頚がんだと言われています。
2型のワクチンについては、日本でもやっと就学児への無料接種が行われていますが、
成人女性へのワクチン接種補助に関してはスルーです。
つまり、自力でワクチンを接種するか、無料接種になるまで待つかの2択です。







日本はどちらかと言うと保守的なので、皆大っぴらに子宮がんだなんだと騒ぎたがりません。
私はこのワクチンの存在を知ったとき、是非受けたいと思い、すぐに自治体に問合せました。
しかし就学児への無料接種は行われるが、成人に対してはまだなんとも言えない…との事でした。
私は徐々に成人まで無料接種の範囲が広がるのではと期待していたのでがっかりしましたが、
結果、その時に受けていなくて良かったと思います。
当時はまだ2型のワクチンしか存在しておらず、
今年初めて婦人科に問合せたときに偶然4型が発売になったからです。時代の先取りです(笑)。







私は一人であかりを育てていて、私が母であり大黒柱です。
私がもし病気になるとしても、長期入院は仕事面でも生活面でもどうしても避けたい。
それには、予防と早期発見しか道はないと思っています。
私を最も苦しめるのは、あかりと離れて暮らすこと。
被災中、それを嫌というほど経験してしまった私は、今かなり自身の健康に気を遣って過ごしています。
本当はランララン♪で何も考えずにゆるーく暮らしたいのだけれど…。
住まいに関しても安全性・防災対策が常に頭の中にあって、まだまだ途上中なんですね。
神経質になりすぎる私をいつも母は心配してくれますが、性分だから変えられない~。
でもきっと、日々を細やかに考えられることは幸せなことなんです。








15_convert_20110912012443.jpg








あの震災の日からもう半年が過ぎました。一人ひとり違う半年間だったと思います。
いま私は、ライフラインが途絶えていた間のことを、不思議になつかしく思い出します。








給水所まで徒歩であかりを連れて歩いたこと、炊き出しの列、一人と一匹で分けあった食事。
自販機のお茶を買い占めたこと(ごめんなさい!)。コンビニの棚の奥に頭を突っ込んで買ったお水。
マンションの8階までの往復が大変で、両足の爪に出来た血豆。大活躍した軍手とバケツ。
みんながお風呂に入れていなくて、でも全然平気でそれよりも毎日の買出しに必死で。
給水所の水が途切れかけて、もう最後~と言われて、あわててこの犬の飲み水の分だけ!と叫んで
分けてもらった500ミリペットボトル1本分の水道水…。







snap_aoiakari_20113214479.jpg
な、なつかしい~。この集会所が給水所兼避難所でした。







塩おにぎり2個を分けてもらうために並んだ列で一緒になった子達、元気かなあ。
お互い最初で最後の同胞だって分かってたから、別れるのが寂しかった。
実家が沿岸でずっと連絡がつかないからもう諦めてるさ~って言ってた男の子達。
この仙台市内は奇跡的に無事なんだよねって、何度も言い合っては励まし合った女の子。
私のこと、覚えていてくれてるかな。私はずっと忘れないよ。名前は伝え合わなかったけれど。
いまも、仙台で元気に暮らせています。








と、言う訳でみんなみんな自分の身体をもっと大切にしよう!愛犬にとっては貴方が唯一だから。
あかりに辛い経験をさせてしまった私だからこそ、もう離れ離れにはなりたくない。
そして事情があってペット達と離れて暮らしている飼い主さん達が本当に早く、
一日でも早く一緒に暮らせるように。微力ながら、支援の輪に参加させて頂きます。









あかりは白いトドに似ている…。白いトドっているのでしょうか?(笑)
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

[C639]

ふふ。あかりちゃん、白いトドなんですか?(#^.^#)
うちも白いトド(ななみ)と黒いトド(遊)がいますよ。

あの日から半年、でも一口に半年と言っても被災された皆様には重く大変な日々だったと思います。東北のどの場所も完全に復興できるまで出来る限りの支援も必要ですよね。
そして何よりも、この体験をブログや報道などで発信してくれた皆さんの事を忘れてはいけないと思ってます。

みずほさんがあかりちゃんを連れて給水や炊き出しに並んだこと、情報を集めに行ったこと、同じマンションの方と助けあったこと…。どれも忘れずに、そして次に活かさないとと思います。
先日、東北展があったので覗いてみました。仙台から来ていた塩辛のお店でお買い物しましたよ。大変でしたねと声を掛けると、頑張ってるよ!と言ってました。応援しつつ、美味しい塩辛や松前漬けを堪能しました。
自分の出来る事で末長くお手伝いできたらと感じてます。
  • 2011-09-12 14:49
  • たーたん
  • URL
  • 編集

[C641] たーたんさんへ

パグってヘソ天してるとき、別の動物みたいですよね(笑)。
白トドちゃんと黒トドくんがいる生活、羨ましいです~。
被災経験をブログなどで発信すること、私自身は自然なことだと捉えています。
でも被災地の内情をむやみに公にすることに感心しない方もいるのかな…。
そんなことを、ふと思いました。
仮設住宅で苦労しながら生活している様子をネットのニュースで読むたび、
必ず甘えるなとか、そこまで行政が支援しなければいけないのか、という意見が寄せれらます。
私はそう思うのも仕方ないと感じます。だって、当事者にならなければ分からないことは沢山ある。
それぞれがそれぞれの立場で経験したことを次につなげていく他ありませんものね。
私こそ、皆さんのくださるコメントを読んで色々と考えたり、吸収させてもらっています。
これからもどうぞよろしくお願いします(こんな返信…?笑。)

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoiakari.blog103.fc2.com/tb.php/76-08057189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

みずほ

Author:みずほ
仙台でパグとの二人暮らし♪

長女:アオイ
(黒パグ♀ 享年3歳3ヶ月)

次女:あかり
(フォーンパグ♀ 4歳)
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。