Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C46]

お話の続きが聞きたくて、ずっと待っている自分がいます。
なんて素敵な奇跡なのでしょう。
お話が進むにつれ、悲しいという感情が少しずつ和らいで、温かい気持ちになっていきます。
アオイちゃん、本当にかわいいお顔をしていますね。

天国編では、どうぞハーバーをお好きなように・・(笑)。
ありがとうございます。

[C47]

アオイちゃんの旅立ちを書かれた
みずほさんのお気持ちアオイちゃんに
伝わっていますよ。
旅立ちの奇跡起きたのですね。
アオイちゃん今にも起きそうでそして
本当可愛いお顔していますね。

[C48]

はじめまして。らいちママと申します。黒パグ、らいち、かりん、フォーン、ぷるんの三姉妹と生活しています。アオイちゃんとても可愛いパグちゃんだったんですね。我が家も何度か先代パグを見送りました。どうか早く生まれ変わってまたうちの子になって!って思ってます。あかりちゃんはアオイちゃんがきっと虹の橋から優しく見守ってくれますよ
  • 2010-08-28 08:26
  • らいちママ
  • URL
  • 編集

[C49]

今回も涙涙ですが、今までとはちょっと違うような。
うまく言えないけど、悲しいんだけどホッとするような穏やか~な気持ちになった感じかな?
次々と優しく心温かい人たちに出会え、奇跡が起きて…
ホントにすばらしいお見送りができましたね。
感動です。

「天使のアオイちゃん」とっても穏やかなかわいいお顔ネ!
  • 2010-08-28 08:37
  • こふみ
  • URL
  • 編集

[C56] まいさんへ

無理しないように、とは思っていても書き急いでいる自分がいます。
日にちが経つにつれ、記憶が曖昧になるのが怖く、そしてちゃんとすべてを書き残せないと私自身が辛いのです。
う~ん、これも立派なペットロスでしょうか?(苦笑)
ハナちゃんの絵本、ありがとうございます!
って私がお礼を言うのもおかしいかもしれませんが、
個人的には鬼のお面をかぶったまいさんと、追いかけるハナちゃんの写真がツボです。ウフフ~♪
いつかももおばあちゃんのバージョンもやりませんか~?

[C57] 文陸パマさんへ

アオイが見せてくれたあの光景は、ちょうど火葬が終わる頃に見えたものなんです。
だから、アオイが天国へ旅立つその時に見せてくれたんだ…そう思っています。
アオイの旅立つ前の写真はじつは他にもあるのですが、
アオイと二人きりで撮った写真はあれだけなんです。
なので、私だけに見せてくれた表情を残したくてUPしました。
きっと天国でアオイも見てくれていると思います。

[C58] はじめまして、らいちママさんへ

コメントありがとうございます!
三姉妹ちゃんのママさんですか~。う、うらやましい限りです。
なんか美味しそうなお名前ばかり…(笑)。お顔を拝見したいのですが、メールやらBBS?の設定まで追い付いていません(泣)。
いつか設定できると思いますので(多分)、その際にはお写真をお願いしたいです☆

[C59] こふみさんへ

さすがこふみさん~!
アオイが見せてくれた光景は、ほんとうに心を洗ってくれるような、明るくて清らかなものでした。
その事をちゃんと手紙に残せて、ちゃんと自力で書くことができて、すごくほっとしています。
ところで、こふみさんって3パグちゃんの頭文字をつかったものですよね?
それに気付いたとき、おお~って思いました(笑)。
私が同じことをしたら『ああ』って…。ダメじゃんって思いましたよ。
ちなみに「みずほ」は現在住んでいる地名なんです♪これも名前みたいですよね。

[C83] 今日、お別れしました

8月31日に、パグ犬なっちゃん(フォ-ン)が1才3ヶ月で亡くなり今日火葬してきました。初発作が起きてから40日目でした。発作後8日たってパグ脳炎と診断され、非常に早いお別れでした。アオイちゃんに導かれ天国へ無事にいけるように願っています。
  • 2010-09-02 16:50
  • なっちゃんママ
  • URL
  • 編集

[C84] はじめまして、なっちゃんママさんへ

お返事が遅くなってごめんなさい。
なっちゃん、可愛いお名前ですね。ママさん、とってもかわいがっていたんでしょうね。
私は飼い主さん自らが天国へ送ってあげることが一番の供養になると思っています。
早すぎるお別れであっても、最後までママさんの愛情をうけて天国へ行けたのなら、なっちゃんはきっと幸せです。
大丈夫ですよ、パグ界は結びつきが強いのです。アオイもなっちゃんも、先輩たちに導かれ、今頃ドキドキしながらみんなに挨拶をしていることでしょう。
今はいろいろな思いが溢れて、なにをしても辛く感じるときかもしれません。
時間によって癒される時期がくるのは人それぞれ。
どうかなっちゃんママさんがもう大丈夫だと思ったときに、また遊びにきてください。
もう少ししたら我が家にあかりがやってきます。フォーンの2ヶ月の女の子です。
なっちゃんママさんが、パグちゃんの思い出とともに心安らかな日々を送れる日がきますように。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoiakari.blog103.fc2.com/tb.php/8-14eb4acf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天国への手紙 奇跡編その4

前回までの記事を書き終えたことに、少しほっとしている自分がいます。
ここからは少しずつ私の心が再生し、癒されていく様子が書かれていきます。
そして最後に、霊園に向かう直前のアオイの写真を載せていますので、
苦手な方は気をつけてくださいね。個人的には「天使のアオイ」と呼ばわしめている写真です(笑)。




ペット霊園に向かう朝は小雨が降っていました。


傘は必要ないくらいでしたが、私はバスタオルにくるんだアオイが少しでも濡れないように、
アオイをかばいながら霊園側が用意してくれた車に母と一緒に乗り込みました。
母は前日、アオイのためにピンクのバスタオルを用意してくれていました。
そのバスタオルは、最後の最後までアオイの体を包んでくれました。
この記事の最後の写真には、そのバスタオルにくるまれたアオイが写っています。


ペット霊園に向かうあいだ、私には一つだけ気がかりなことがありました。
ご夫妻が亡くなったパグくんをお庭に埋めたときの話をうかがったのですが、
なんとその時、空に光が走り、その埋葬の瞬間だけ光った閃光の写真を見せて頂いたのです。
ご主人は、大丈夫、絶対アオイちゃんが天国にいく時には必ずなにかが起こるから。
と力強く私に仰いました。
でも私は今までそんな不思議なものを見たこともないし、鈍いから何も起こらないかもしれない…。
私とアオイのときには何も起こらなかったら悲しくなっちゃうかな、と少し寂しく思いました。


ペット霊園に着く頃にはちょうど雨が止んで来て、運転してくれている住職さんは
良かった、雨の中お送りするのは悲しいですからね、と私達母子に言ってくださいました。
私は頷きながらも、雨が降っていても止んでいても悲しい…と心の中で思っていました。


そのペット霊園は住職さんとその奥さんとで経営されているところで、
規模としてはそんなに大きくないかもしれないけれど、花園や個別墓地、共同墓地がある
私の目には立派な霊園に見えました。以前にも書きましたが、アットホームで評判の良い霊園さんのようです。
個別火葬の説明を受けている間、奥さんの方が籠に花を摘んでいて、
ああそうか、ここで摘んでくれた花を一緒に天国まで持っていかせてくれるんだな、と思いました。


私達は朝一番の火葬の予約を入れていたので、他には誰もいませんでした。
アオイを寝かせて、霊園のお花とご夫妻が摘んでくれた白いお花も手向けて、
木札に最後の手紙を書きました。
そこには愛のメッセージとともに、○○くん(アオイのボーイフレンド)と天国で仲良くね、と書きました。
母に見せたら、笑って泣いていました。


アオイの個別火葬の火入れが行われたのは、6月27日、午前8時27分。
今日まではなにもしなくても覚えていましたが、これからは忘れてしまうかもしれません。
住職さんにお別れを促された瞬間、私はアオイのお顔に飛びつき、
アオイ、今までありがとうね、もしできたら、天国で会おうね、と言って離れました。
母が何を言ったのか、言わなかったのか、私は覚えていません。
火葬は、思ったよりも静かに、誰にも邪魔されることなく行われていきました。



火葬場の近くに事務所と応接間のある小さな建物があり、私達はそこで住職さんの悟りを聞きました。
住職さんはとても丁寧に優しく、人間と動物は違う、人間は亡くなったらお墓に入れて、
先祖代々祀っていくのだけれども、動物は生まれ変わりのサイクルが早く、
飼い主さんがあまりにも泣き悲しんでいたら心配して、天国へ行けなくなってしまう。
それは大切なペットにとって幸せなことではない。
できれば人間と同じお墓に入れるのではなく、土でも海でも個別でも共同墓地でも、
なるべく早く埋葬してあげたほうが、その動物は早く生まれ変わって新しい生を受けることができる…。


この一連のお話は、私にとっての生きるよすがとなっています。
もちろん一緒のお墓に入れたい、お骨をずっとそばに置いておきたい気持ちは私にもあります。
でも、短い犬生しか送らせてあげられなかった飼い主として、一日でも早く新しい生を授かり、
私とは違う幸せな飼い主さんの元で新たな犬生を始める事ができるのなら、他に何を望むでしょうか。
アオイのお骨を埋葬したいと思う場所はまだ決まっていませんが、その時が来たら迷わず埋葬してあげたい。
そしてアオイが残してくれたすべてとともに、ずっとアオイと生きていきます。



住職さんの悟りが終わり、様々な諸事を済ませたあと、母と二人きりの時間が訪れました。
母とここはいいわね、誰々さんもここでお世話になって、というような他愛のない話をしていました。
するといままで曇っていた空がいつの間にか明るくなり、
部屋の外には、優しい春の光のような不思議な明るい光が射し、とてもきれいな光景が現れました。
霊園のちょうど花園と緑の木々のあたりだけが、建物の空いた入り口から私達に見えていたのです。
母と思わず、まあきれい…。わあ、なんかすごくきれいな光景じゃない? ここに埋葬できたらねえ。
住職さんがいたら、見えない位置でした。奥さんと話をしていたら、違う方向を向いていました。
その時はアオイとのお別れの後でぼーっとしていて気が付きませんでしたが、
あれは間違いなく、アオイが私達に見せてくれた奇跡でした。
アオイは天国へ旅立つその瞬間、最後の力を振り絞って、私達にあの素晴らしい光景を見せてくれたのです。
その不思議な優しい光が射していたのは、ほんの少しの間だけでした。
帰りの車の中では、また雨が降ってきていました。




アオイ、あの光景はアオイそのものだね。優しくて明るい…。アオイが春に生まれたからかな。
ちゃんとメッセージ、届いているかな? おかあさんの字、少し滲んじゃったけど読めるよね。
初めてのボーイフレンドにびっくりしているだろうけど、おなじ黒パグさんだからね、
お似合いだと思うの。おばあちゃんは、いきなり年齢差カップル?って笑ってたよ。
アオイ、本当にありがとうね。無理してなかった?でももう、安心してね。おかあさんは大丈夫だから。
まだ泣いているけど、みんながいるから。アオイにも、たくさん仲間がいるよね。
犬見知りしないで、そこは頑張ってごらん。おかあさんはもう、アオイを遠くから見守ることしかできない…。








実家でアオイと最後の二人きりの時間、可愛くて思わず携帯で撮った写真です。
まるで眠っているよう…。
020.jpg








にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

[C46]

お話の続きが聞きたくて、ずっと待っている自分がいます。
なんて素敵な奇跡なのでしょう。
お話が進むにつれ、悲しいという感情が少しずつ和らいで、温かい気持ちになっていきます。
アオイちゃん、本当にかわいいお顔をしていますね。

天国編では、どうぞハーバーをお好きなように・・(笑)。
ありがとうございます。

[C47]

アオイちゃんの旅立ちを書かれた
みずほさんのお気持ちアオイちゃんに
伝わっていますよ。
旅立ちの奇跡起きたのですね。
アオイちゃん今にも起きそうでそして
本当可愛いお顔していますね。

[C48]

はじめまして。らいちママと申します。黒パグ、らいち、かりん、フォーン、ぷるんの三姉妹と生活しています。アオイちゃんとても可愛いパグちゃんだったんですね。我が家も何度か先代パグを見送りました。どうか早く生まれ変わってまたうちの子になって!って思ってます。あかりちゃんはアオイちゃんがきっと虹の橋から優しく見守ってくれますよ
  • 2010-08-28 08:26
  • らいちママ
  • URL
  • 編集

[C49]

今回も涙涙ですが、今までとはちょっと違うような。
うまく言えないけど、悲しいんだけどホッとするような穏やか~な気持ちになった感じかな?
次々と優しく心温かい人たちに出会え、奇跡が起きて…
ホントにすばらしいお見送りができましたね。
感動です。

「天使のアオイちゃん」とっても穏やかなかわいいお顔ネ!
  • 2010-08-28 08:37
  • こふみ
  • URL
  • 編集

[C56] まいさんへ

無理しないように、とは思っていても書き急いでいる自分がいます。
日にちが経つにつれ、記憶が曖昧になるのが怖く、そしてちゃんとすべてを書き残せないと私自身が辛いのです。
う~ん、これも立派なペットロスでしょうか?(苦笑)
ハナちゃんの絵本、ありがとうございます!
って私がお礼を言うのもおかしいかもしれませんが、
個人的には鬼のお面をかぶったまいさんと、追いかけるハナちゃんの写真がツボです。ウフフ~♪
いつかももおばあちゃんのバージョンもやりませんか~?

[C57] 文陸パマさんへ

アオイが見せてくれたあの光景は、ちょうど火葬が終わる頃に見えたものなんです。
だから、アオイが天国へ旅立つその時に見せてくれたんだ…そう思っています。
アオイの旅立つ前の写真はじつは他にもあるのですが、
アオイと二人きりで撮った写真はあれだけなんです。
なので、私だけに見せてくれた表情を残したくてUPしました。
きっと天国でアオイも見てくれていると思います。

[C58] はじめまして、らいちママさんへ

コメントありがとうございます!
三姉妹ちゃんのママさんですか~。う、うらやましい限りです。
なんか美味しそうなお名前ばかり…(笑)。お顔を拝見したいのですが、メールやらBBS?の設定まで追い付いていません(泣)。
いつか設定できると思いますので(多分)、その際にはお写真をお願いしたいです☆

[C59] こふみさんへ

さすがこふみさん~!
アオイが見せてくれた光景は、ほんとうに心を洗ってくれるような、明るくて清らかなものでした。
その事をちゃんと手紙に残せて、ちゃんと自力で書くことができて、すごくほっとしています。
ところで、こふみさんって3パグちゃんの頭文字をつかったものですよね?
それに気付いたとき、おお~って思いました(笑)。
私が同じことをしたら『ああ』って…。ダメじゃんって思いましたよ。
ちなみに「みずほ」は現在住んでいる地名なんです♪これも名前みたいですよね。

[C83] 今日、お別れしました

8月31日に、パグ犬なっちゃん(フォ-ン)が1才3ヶ月で亡くなり今日火葬してきました。初発作が起きてから40日目でした。発作後8日たってパグ脳炎と診断され、非常に早いお別れでした。アオイちゃんに導かれ天国へ無事にいけるように願っています。
  • 2010-09-02 16:50
  • なっちゃんママ
  • URL
  • 編集

[C84] はじめまして、なっちゃんママさんへ

お返事が遅くなってごめんなさい。
なっちゃん、可愛いお名前ですね。ママさん、とってもかわいがっていたんでしょうね。
私は飼い主さん自らが天国へ送ってあげることが一番の供養になると思っています。
早すぎるお別れであっても、最後までママさんの愛情をうけて天国へ行けたのなら、なっちゃんはきっと幸せです。
大丈夫ですよ、パグ界は結びつきが強いのです。アオイもなっちゃんも、先輩たちに導かれ、今頃ドキドキしながらみんなに挨拶をしていることでしょう。
今はいろいろな思いが溢れて、なにをしても辛く感じるときかもしれません。
時間によって癒される時期がくるのは人それぞれ。
どうかなっちゃんママさんがもう大丈夫だと思ったときに、また遊びにきてください。
もう少ししたら我が家にあかりがやってきます。フォーンの2ヶ月の女の子です。
なっちゃんママさんが、パグちゃんの思い出とともに心安らかな日々を送れる日がきますように。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoiakari.blog103.fc2.com/tb.php/8-14eb4acf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

みずほ

Author:みずほ
仙台でパグとの二人暮らし♪

長女:アオイ
(黒パグ♀ 享年3歳3ヶ月)

次女:あかり
(フォーンパグ♀ 4歳)
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。