Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoiakari.blog103.fc2.com/tb.php/93-1b8357bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

納骨を決断したきっかけ<その2>

いつか納骨のときにブラックダイヤのネックレスを手放すときがきたら、
このフラワーモチーフのネックレスを身に着けよう。
そう思ってしばらくは洋服箪笥の中にそのまましまってありました。
でも時間がたつにつれ、やはり気になって、とうとう包装を開けて中身を取り出してしまいました。
手に取ってつけてみると、すんなりとホワイトカラーのモチーフが鎖骨のあたりで揺れています。
ブラックダイヤのネックレスに固執していた自分が、いつの間にかいなくなっていました。
そしてその夜、宮城県内のペット霊園についてネットで詳しく調べ始めました。




この時点で、自宅の庭に納骨するという選択肢は自然に消えていました。
アオイの位牌にブラックダイヤのネックレスを預けようという気持ちになり、遺骨は他のペット達と一緒の合同の形で納めようと思い始めていました。
そうすればアオイの遺骨も寂しくないし、ネックレスともいつも一緒です。
アオイは犬見知りだからと、他のワンちゃん達と一緒にするのは忍びないという考えも以前はありました。
でも、アオイはもうここ(遺骨)にはいない。
もうずっと遠く、虹の橋を渡り切ったところにいるという実感があったので、他の飼い主さん達と一緒にお参りができる合同葬がいいと思いました。




私はアオイが初めての動物の家族だったので、ペット霊園はすべて民営のものだと思い込んでいましたが、検索するうちに、聞きなれた『葛岡墓園』という文字が出てきました。
そういえば、パグ仲間の一人が先代犬のお墓を葛岡にしたと言っていたような…。
思い出しながら葛岡墓園を開くと、それは仙台市が創設した大規模な一団の墓園の総称でした。
市営の墓地?と思いながら見てみると、その一角には動物納骨堂というペット達専用の場所がありました。なんと市民であればいつでも無料で納骨が可能とのこと。合同の形で納骨後もお参りが出来ること。
他のペット霊園を検索することも忘れ、ここにしようと決めました。




アオイの位牌が届いていなかったら、フラワーモチーフのネックレスを手にしていなかったら。
こんなにすんなりと合同の納骨に踏み切れなかったかもしれません。
この葛岡墓園は公営なので、仙台市がなくならない限り納骨堂は永久に管理され、市内のペットや飼い主達の大切な場所として引き継がれていくでしょう。
葛岡墓園がもし存在していなかったら、民営のペット霊園の中から自分で納得のできる場所を選ぶつもりでした。
でもおそらく何ヶ所も見学に行ったし悩んだりもしただろうし、やはりここまですっきりと決断できたか分かりません。
こんなにすぐそばに公営の動物納骨堂があったなんて。
辿り着くのに時間がかかり過ぎ、とも思いましたが私には必要な時間だったんだと今では思います。




動物の生まれ変わりのサイクルは人間とは違うから、なるべく早めに遺骨を納めた方がいい。
自宅の庭にペットを埋葬することに反対の意見。いろいろな考え方があります。
私はずっと、アオイが亡くなった時にお世話になったご夫妻の庭にあった手作りのお墓に憧れていて、同じように埋葬してあげることが夢でした。
でも時間が経って、今回決めた方法が一番の最良だと心から思うようになりました。
時間が経ちすぎないうちに早く、と焦って別の方法で納骨していたら、きっと後悔していたでしょう。
だから納骨の時期も方法も、その飼い主が一番納得できるものでいいと思うんです。
私みたいに何年もかかってやっとの人もいるし、埋葬の形も本当にさまざまで。
正解を探すのではなく、それぞれの形で思い思いのさよならが出来たらそれがきっと答えです。




今回ブログを再開したときには今月にも納骨をする予定でしたが、
もともと来月に母が仙台にくる予定になっていて、どうせなら母と一緒に二人で見送ろうということになりました。
なんだかこれもアオイの遺志がそうさせているような…。気のせいかな?(笑)
でもきっと可愛がってくれたおばあちゃんがお見送りに来てくれて、アオイも喜ぶんじゃないかと思います。
アオイは遠く離れていても、最後のお見送りの際の想いはきっとどこかでつながっていると思うから。





001 - コピー
骨壺があった位置に位牌が、骨壺は納骨に備え中の図。






にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoiakari.blog103.fc2.com/tb.php/93-1b8357bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

みずほ

Author:みずほ
仙台でパグとの二人暮らし♪

長女:アオイ
(黒パグ♀ 享年3歳3ヶ月)

次女:あかり
(フォーンパグ♀ 4歳)
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。